認知症com

安心して認知症のいまをいき、これからをいきるために

*

認知症サポーターになろう

認知症サポーターとは

認知症について理解し、地域や職場で認知症の人を支援するボランティアです。

現在、日本には600万人程度おられるということです。

認知症の人と実際に関わることで、認知症の方を正しく理解し、同時に正しい知識を学んで、認知症の方と関わることでより良い関わりができるという好循環があります。

このような方が増えることによって、認知症の方にとって暮らしやすい社会が出来上がっていくと考えられます。

最近では認知症サポーターの証として、オレンジリングというものがあるそうです。

認知症サポーターになるには

こちらは、認知症サポーター講座を受講することによって手に入り、だれでも認知症サポーターになることができるそうです。

認知症サポーター講座については、各市町村の介護保健窓口や地域包括支援センターなどへ問い合わせると良いと思います。

公開日: