認知症com

安心して認知症のいまをいき、これからをいきるために

*

認知症の種類

認知症とは認知機能が低下した状態を指す言葉で、正確には病気の名前ではありません。

ケアや支援をより適切に行うためには、より詳細に診断名を把握しておく必要があります。

263907

ここでは、認知症と呼ばれる疾患について紹介します。

3大認知症

「アルツハイマー型認知症」、「脳血管性認知症」、「レヴィー小体型認知症」を指して3大認知症と言います。

3大認知症は、認知症患者の中に締める割合が多く、この3つの認知症が全体の90%を占めるとも言われています。

アルツハイマー型認知症(アルツハイマー病)

認知症の中でも最も有名なものです。

進行すると容易に画像で診断することができ、脳が全体として萎縮していきます。この現象は、アミロイドβやタウといったタンパク質が脳に沈着することによって起こると考えられます。

現在までに、根本的治療法がなく、治療は進行を遅延させることを目的として行います。具体的には、薬物療法、精神療法、作業療法などが行われます。

さらに詳しく:アルツハイマー型認知症

脳血管性認知症

脳卒中などで、部分的に脳の機能が障害されることによって発生する認知症です。物忘れ以外にも、高次脳機能障害などを併発する場合があります。

正常な状態と、認知面に問題が見られる状態を繰り返すことから、まだら認知症と呼ばれることがあります。

この認知症は階段状に進行すると言われてきましたが、近年小さな脳血管障害を繰り返すことがその原因と考えられるようになり、十分に脳血管のケアができれば症状の進行は食い止めることができると考えられるようになりました。

アルツハイマー型認知症と異なり、障害部位によっては認知機能の障害があっても、記憶が障害されないことがあります。そのため、介護者が「どうせ忘れてしまうから」という意識で関わることで後に大きな問題となって現れてくることがあります。また、時に感情機能が障害されることによって、本人と周囲に非常な精神的なストレスをもたらすことが、この問題をさらに難しくさせています。

治療法として、脳血管の保護を目的とした医療的介入や、感情面のコントロールをサポートする目的での薬物療法があります。

さらに詳しく:脳血管性認知症

レヴィー小体型認知症

うつ病と間違えられて、症状が増悪してしまった事例もある認知症です。

初期には、もの忘れが見られないこともあります。

特徴的なのは、幻視の症状やパーキンソン病に見られるような症状が見られることです。

治療法としては、薬物療法を軸として、運動療法を行います。

さらに詳しく:レヴィー小体型認知症

その他の認知症

三大認知症以外の認知症には以下のようなものがあります。

前頭側頭型認知症

以前はピッグ病と呼ばれていました。

もの忘れに加えて、状況の認識が難しくなり、抑うつ的になったり、次第に人格が変わっていく病気です。喜怒哀楽の感情表現も乏しくなります。そのため、周囲の生活者の精神面に対して特に非常に大きな影響を与えます。

犯罪行為を繰り返してしまうこともあります。

これらの原因は、その名前の通り、人間の精神や感情・人格の中枢である、前頭葉と側頭葉が障害されることによって起こります。

アルツハイマー型認知症などと比較すると、患者数はそれほど多くはありませんが、社会的な影響力の大きさから有名です。

治療法も確立していませんが、抗精神病薬などが選択されます。他の精神疾患と混同される事例も報告されています。

さらに詳しく:前頭側頭型認知症

正常圧水頭症に伴う認知症症状

正常圧水頭症にともなって、認知症様の症状が見られることがあります。

早期の手術によって、症状改善することができるため、治る認知症とも言われます。

しかし、手術が遅れると脳が萎縮し、アルツハイマー病の様になり、手術をしても治らない可能性が高まります。

早期発見、早期手術が大切です。

アルコール性、違法薬物性認知症

化学物質の継続的な取り込みによって、脳が萎縮し、認知力が低下することによって起こります。

近年、アルコール性の認知症の方が増えており、注目が集まっています。

また、違法薬物性認知症では、シンナーなど有機溶剤系のドラッグなどでは脳の萎縮が起こりやすいことが知られています。また、危険ドラッグが一般的に認知される様になっていますが、それらの中にも認知機能を低下させるものがあると考えられています。

その他

代謝・内分泌性のもの

肝性脳症・低血糖性脳症

感染症

エイズ脳症・脳梅毒、

外傷性のもの

頭部外傷・ボクサー脳症(いわゆるパンチングドランカー)

その他

脳腫瘍・ビタミン欠症状

混同されがちな他疾患

認知症と混同されがちな疾患として、せん妄や鬱(うつ)病があります。

治療法や必要な支援が異なるので注意が必要です。

参考 Q&A

せん妄とは?

認知症と思ったら実は鬱病かも…?

公開日:
最終更新日:2016/01/30