認知症com

安心して認知症のいまをいき、これからをいきるために

*

パーソンセンタードケア

アルツハイマー病をはじめとする認知症は、できないことがだんだんと増えていく病いです。

できないことが増えていく中でも、前向きに認知症を生き、認知症のケアに臨もうという考え方が、パーソンセンタードケアです。

e0fa9c0ca532a042272ccdf030aaadff_s

パーソンセンタードケアとは

英語で、パーソンは人、センターは真ん中、ということで、「その人中心のケアをしましょう」ということです。

イギリスの心理学者のTom Kitwoodが提唱し、それまでの医学モデルを中心としたケアを大きく方向転換させることになりました。

その人中心のケアとは、つまり、その人の立場に立って考え、個別に本人の求めるケアを提供していきましょうということです。

特にBPSDの理解と解決のためには、必須と言って良い考え方です。

パーソンセンタードケアのポイント

とはいえ、いうは易しで、実践はなかなかに難しいのが現実です。

そこで、実践の要点となる考え方をご紹介します。

本人の表出を尊重する

認知症の方の中には、突飛な言動をされる方がいます。

これに対して、理論的に反論しても、相手には自分が批判されているようにしか感じられません。

本人が失敗したと感じさせないことも大切です。

言動の真意を考える

言葉や表情の裏側にある思いを推測してみましょう。

認知症の進行によって、言葉によって、自分の気持ちや考えをうまく言い表すことが難しくなっていきます。

そうすると、認知症の本人とそれを聞く人の双方のイライラ感や、フラストレーションが非常に高まることがあります。

それを防ぐためには、認知症の方が何を言おうとしているのかに寄り添おうという姿勢が大切になります。

一見現実を無視したような発言だったり、突拍子もない言動だったりの裏には、必ずその人の何らかの思いが隠れているものです。

時間はかかりますが、一旦理解できると以降のコミュニケーションは格段にスムーズになると思います。

できるように環境を整える

本人の努力や学習で、できないことができるようになることは、期待してはいけません。

そうではなくて、使用する道具や周囲の関わり方を変えることによって、できるようにしていくことが大切です。

新しいことにチャレンジ

また、していなかったことの中にも、できることがたくさんあるはずです。

新しい活動への広がりを見つけることも大切です。

まずは、興味が持てるようにかかわることが大切です。

楽しいこと・心地よいことを探す

認知症の進行に伴って、できなことは必ず増えていきます。

そのため、楽しみを感じていた活動が思うようにできなくなっていきます。

活動をより単純にして楽しめるように工夫したり、快刺激や心地よさにスポットを当てて、日常生活を組み立てることが大切です。

 

公開日: