認知症com

安心して認知症のいまをいき、これからをいきるために

*

あなたはいくつあてはまる?認知症の原因のアミロイドβの貯まりやすさを見る

   

科学的な研究・分析に基づいて、認知症のリスクファクター(なりやすさの原因)について書かれた記事があったので、要約してご紹介します。

要約

①年齢

年齢を重ねれば、それだけ認知症になりやすくなっていくようです。

②リスク遺伝子の有無

「APOE-ε4」という遺伝子を持っているひとは、そうでない人と比べ2〜3倍認知症になりやすい

③学歴の有無

高学歴の人ほど、アミロイドβはたまりやすいことが示唆された。

e854a792957ec91d01c1d1d14c3ff230_s

ここがポイント

やはり、年齢については、以前から知られているとおりで、高齢となるほどに認知症発症のリスクは高まるということですね。

学歴については、逆に、高学歴な人の方が認知症による脳の病理的な変化にあらがって、健康的に過ごせる場合があるという意見もあり、今後のさらなる検討が必要でしょう。

そして、遺伝子。

倫理的な問題から、これが保険の加入条件となることはないと思いますが、それ以外にも懸念するべきシチュエーションはいくつも浮かびます。

非常にナーバスな問題なので、倫理的な配慮がきちんとなされていけばいいですね。

参考

https://www.mededge.jp/a/psyc/19277

 - コラム

adsense336

adsense336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
認知症のケアでよくあるケガについて

認知症の方をケアする時に、自他共に、時々事故でケガすることがありました。 これら …

no image
相手が違和感を感じないコミュニケーションが基本

認知症の方のBPSDを軽減する関わりには、相手に合わせることが必要です。 つまり …

みんなが元気になれる社会を目指すのが一番の認知症対策、という話。

認知症にフォーカスする以上に、みんなが元気になれる社会を目指してやってくほうが効 …

誰かと会うこと、どこかにでかけることが認知症の進行を食い止める

仕事を辞めると認知症が一気に進行するという話を耳にします。 それは、脳を使う機会 …

認知症の恐ろしさは、想いに裏切られること

認知症になっても幸せに過ごせる人と、そうでない人の違いは、頑張りすぎるかどうかに …

no image
高齢者の困窮問題に思うこと

敬老の日を一つのきっかけとして、各所で高齢者の貧困の問題が取りざたされています。 …

no image
あえて考えてみよう。認知症のメリット

以前、「がんになってよかったこと」という記事を読んだことがあり、そのような発想に …

no image
認知症の人とは笑顔で一緒にいるのが一番のケア

日々認知症となった方々と接する中で一つ確信することがあります。 それは、認知症と …

【相談】離婚しようと思った矢先に、認知症になった夫。どうしたらいいか?

ネット上の記事で、認知症になった夫と離婚できるのかという相談をみつけました。 実 …

認知症の人を家族から隔離する施設であることだけが目的の施設がある。かもしれない。

ちょっと疑問に思ったので皆さんに提起します。 ズバリ、認知症の施設の中には、明ら …