認知症com

安心して認知症のいまをいき、これからをいきるために

*

もの忘れ外来で、「しゃべり」から認知症がはんだんできるだろうか?

   

どの程度、すらすらと話ができるかどうか(正しくは、言語流暢性課題というらしいです。)は、果たして認知症と関わりがあるでしょうか?

という研究があったのでご紹介。

さて、この研究の結果としては、

①認知症かどうかについては調べることができる

②どのタイプの認知症かについてまで調べることはできそうにない。

ということがわかったそうです。

e85c8d42f66ba4ec68dc64ffa1afa337_s

とすると、日常生活で気づける異変の一つとして、以前とくらべて話し方が変だなあという違和感は大切にした方が良いかもしれませんね。

そこから、もの忘れ外来にスムーズにつなげることができればよいと思います。

 

最後にその論文をご紹介します。

ダウンロードして、誰でも読めますよ。

https://www.jstage.jst.go.jp/article/hbfr/26/3/26_3_327/_article/-char/ja/

 - コラム

adsense336

adsense336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

発想の転換で認知症を成長産業に結びつけることができるか?

とりあえず、目先の問題解決を第一優先として考えたとするとき、日本の国力なんて知っ …

あなたはいくつあてはまる?認知症の原因のアミロイドβの貯まりやすさを見る

科学的な研究・分析に基づいて、認知症のリスクファクター(なりやすさの原因)につい …

no image
認知症の人とは笑顔で一緒にいるのが一番のケア

日々認知症となった方々と接する中で一つ確信することがあります。 それは、認知症と …

スマホやネットで10代の人も認知症に?恐るべき、”デジタル認知症”の実態とは?

「認知症になるのは、おじいちゃんおばあちゃんだけでしょ?」 「二十代の自分には関 …

no image
あえて考えてみよう。認知症のメリット

以前、「がんになってよかったこと」という記事を読んだことがあり、そのような発想に …

no image
生活の質(QOL)の密度という考え方

生活の質という概念は、結構一般的ですが、その密度のようなものについては、あまり論 …

no image
認知症の早期発見は果たしてナンセンスか

当サイトでも、認知症の早期発見は非常に大切だと、各所で述べさせていただいておりま …

no image
認知症の人が街中で普通にいる世の中がきっとくる。

タイトルまま。 お疲れさまです。 認知症の人が、街中で徘徊する世の中です。 どう …

認知症が、絶望的なのは、自己完結な価値観が根底にあるからではないか。

別に認知症に限らず、癌や様々な難病を患った時に、何を希望として生きていけばよいの …

【相談】離婚しようと思った矢先に、認知症になった夫。どうしたらいいか?

ネット上の記事で、認知症になった夫と離婚できるのかという相談をみつけました。 実 …