認知症com

安心して認知症のいまをいき、これからをいきるために

*

もの忘れ外来で、「しゃべり」から認知症がはんだんできるだろうか?

   

どの程度、すらすらと話ができるかどうか(正しくは、言語流暢性課題というらしいです。)は、果たして認知症と関わりがあるでしょうか?

という研究があったのでご紹介。

さて、この研究の結果としては、

①認知症かどうかについては調べることができる

②どのタイプの認知症かについてまで調べることはできそうにない。

ということがわかったそうです。

e85c8d42f66ba4ec68dc64ffa1afa337_s

とすると、日常生活で気づける異変の一つとして、以前とくらべて話し方が変だなあという違和感は大切にした方が良いかもしれませんね。

そこから、もの忘れ外来にスムーズにつなげることができればよいと思います。

 

最後にその論文をご紹介します。

ダウンロードして、誰でも読めますよ。

https://www.jstage.jst.go.jp/article/hbfr/26/3/26_3_327/_article/-char/ja/

 - コラム

adsense336

adsense336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

認知症の方をケアする仕事をする現場のマネジメントが不十分な件

「お兄さんは、私の息子と会ったことが会ったかねえ」   今日、とある淑 …

敬老の日の銀盃が銀メッキ杯へ

100歳万歳なのですが、そのお祝いムードに影を落としそうな話題です。 なんとも悲 …

no image
高齢者の困窮問題に思うこと

敬老の日を一つのきっかけとして、各所で高齢者の貧困の問題が取りざたされています。 …

自分の家で「私は家に帰ります!」と訴える認知症の方

病院であっても、「家に帰ります」という言葉がそのまま受け取ってよいものかどうかは …

no image
生活の質(QOL)の密度という考え方

生活の質という概念は、結構一般的ですが、その密度のようなものについては、あまり論 …

no image
気兼ねのない介助ってなんだろう。どうしたらいいだろう。

認知症に限らずではありますが、人に何かをお願いすることは気兼ねするものですね。 …

スマホやネットで10代の人も認知症に?恐るべき、”デジタル認知症”の実態とは?

「認知症になるのは、おじいちゃんおばあちゃんだけでしょ?」 「二十代の自分には関 …

no image
認知症が進行すると、変化に対して鈍感になるが・・・

臨床場面では、いろいろな症状の方がおられますが、多くの方が変化に対して鈍感になり …

no image
認知症が増えたのではなく、認知症でも長く生きる世の中になったこと

人間の生存の限界は神のみぞ知ります。 だから、何歳まで生きるかなんて、語ることに …

「いい人生だった」と言えるために

以下の3つを大切にしましょう。 感情豊かに生きる 人生の意味と感情との関係性は大 …