認知症com

安心して認知症のいまをいき、これからをいきるために

*

敬老の日の銀盃が銀メッキ杯へ

   

100歳万歳なのですが、そのお祝いムードに影を落としそうな話題です。

なんとも悲しいことに、高齢者が増えすぎてお祝いの品を人数分おくるお金もないそうな。

実のところは、100歳以上の方が珍しくなくなったということだと思います。

高齢者の方の数も、過去最高記録を更新ということですし。

元気な高齢者の方が、これからも元気でいてくださることを願わずにはいられません。

 9月21日は敬老の日です。65歳以上の高齢者数は3384万人で、日本の人口のおよそ27%を占め、過去最高になったことが総務省の統計でわかりました。

総務省によりますと、今月15日時点での65歳以上の高齢者数は男性が1462万人、女性が1921万人のあわせて3384万人で、日本の人口の26.7%を占め、人口、割合ともに過去最高となりました。

また、厚生労働省によりますと、今月15日時点で100歳以上の高齢者は6万1568人となり、初めて6万人を超えました。

厚労省は毎年、100歳を迎える高齢者に純銀製の「銀杯」を贈っています。来年の2月に100歳を迎える千葉市の熊澤トクさんにも銀杯が贈られました。

「別にどうってことないんですけど。自然にここまで来ちゃいました」(来年100歳の熊澤トクさん)

100歳以上の高齢者が増えているため、厚労省は来年から、銀杯を原価の安い銀メッキ製に変更する方針です。(21日10:38)

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2594392.html

しかし、冠婚葬祭などのイベントごとに、予算を削減しなくてはいけないというのは、日本の未来は暗いという印象を人に与えないでしょうか?

479d696980b267fccb2dde4fe26d3e74_s

もし、予算の削減が必要だとしても、銀盃から、メダルや勲章にモノを変更すれば、すこし印象はちがったのかなあと思います。

その辺もっと配慮できなかったんだろうかとは思いますね。

 - news, コラム

adsense336

adsense336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

みんなが元気になれる社会を目指すのが一番の認知症対策、という話。

認知症にフォーカスする以上に、みんなが元気になれる社会を目指してやってくほうが効 …

ぜんそく薬に認知症の進行を停止させる可能性。ただし、実用化は当分先

認知症の原因と言われているのが、タウと呼ばれる物質です。 マウスで実験したところ …

no image
おおまかな最新認知症事情あれこれ

認知症について最新の研究でわかってきたこともあり、これまで通りなところもあり。 …

お金さえあれば、認知症は怖くない?!

確かに、お金があれば適切なサービスがいくらでも使えますよね。 逆に言えば、認知症 …

no image
相模原市の事件について認知症comの中のひとが思ったこと

前提 意外と、犯人にシンパシーを覚えている若い人たちは少なくないということ。 い …

【相談】離婚しようと思った矢先に、認知症になった夫。どうしたらいいか?

ネット上の記事で、認知症になった夫と離婚できるのかという相談をみつけました。 実 …

認知症と診断されてから、はじめて自分の人生について考えるのはとても大変。

もしも、認知症と診断されたら、一番大切なことは今後の身の振り方を決めておくことだ …

no image
相手が違和感を感じないコミュニケーションが基本

認知症の方のBPSDを軽減する関わりには、相手に合わせることが必要です。 つまり …

no image
生活の質(QOL)の密度という考え方

生活の質という概念は、結構一般的ですが、その密度のようなものについては、あまり論 …

認知症にも影響?600万円が生活水準を大きく分ける

認知症になりやすい人の傾向として、喫煙週間があったり、肥満があったり。 そういう …