認知症com

安心して認知症のいまをいき、これからをいきるために

*

敬老の日の銀盃が銀メッキ杯へ

   

100歳万歳なのですが、そのお祝いムードに影を落としそうな話題です。

なんとも悲しいことに、高齢者が増えすぎてお祝いの品を人数分おくるお金もないそうな。

実のところは、100歳以上の方が珍しくなくなったということだと思います。

高齢者の方の数も、過去最高記録を更新ということですし。

元気な高齢者の方が、これからも元気でいてくださることを願わずにはいられません。

 9月21日は敬老の日です。65歳以上の高齢者数は3384万人で、日本の人口のおよそ27%を占め、過去最高になったことが総務省の統計でわかりました。

総務省によりますと、今月15日時点での65歳以上の高齢者数は男性が1462万人、女性が1921万人のあわせて3384万人で、日本の人口の26.7%を占め、人口、割合ともに過去最高となりました。

また、厚生労働省によりますと、今月15日時点で100歳以上の高齢者は6万1568人となり、初めて6万人を超えました。

厚労省は毎年、100歳を迎える高齢者に純銀製の「銀杯」を贈っています。来年の2月に100歳を迎える千葉市の熊澤トクさんにも銀杯が贈られました。

「別にどうってことないんですけど。自然にここまで来ちゃいました」(来年100歳の熊澤トクさん)

100歳以上の高齢者が増えているため、厚労省は来年から、銀杯を原価の安い銀メッキ製に変更する方針です。(21日10:38)

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2594392.html

しかし、冠婚葬祭などのイベントごとに、予算を削減しなくてはいけないというのは、日本の未来は暗いという印象を人に与えないでしょうか?

479d696980b267fccb2dde4fe26d3e74_s

もし、予算の削減が必要だとしても、銀盃から、メダルや勲章にモノを変更すれば、すこし印象はちがったのかなあと思います。

その辺もっと配慮できなかったんだろうかとは思いますね。

 - news, コラム

adsense336

adsense336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

お金さえあれば、認知症は怖くない?!

確かに、お金があれば適切なサービスがいくらでも使えますよね。 逆に言えば、認知症 …

認知症の方をケアする仕事をする現場のマネジメントが不十分な件

「お兄さんは、私の息子と会ったことが会ったかねえ」   今日、とある淑 …

認知症が、絶望的なのは、自己完結な価値観が根底にあるからではないか。

別に認知症に限らず、癌や様々な難病を患った時に、何を希望として生きていけばよいの …

no image
日本で子供を作るのは罪だと思う – はてな匿名ダイアリー を読んでなんて的外れな意見だろうと思う。

http://anond.hatelabo.jp/20160927071136 …

精神科病院に認知症患者の方が必要以上に長期に留まる現実とそのデメリット

長期間の精神科病院への入院が慢性化している現実があります。 今日は、その現実をご …

no image
相手が違和感を感じないコミュニケーションが基本

認知症の方のBPSDを軽減する関わりには、相手に合わせることが必要です。 つまり …

no image
認知症の早期発見は果たしてナンセンスか

当サイトでも、認知症の早期発見は非常に大切だと、各所で述べさせていただいておりま …

no image
認知症の人が街中で普通にいる世の中がきっとくる。

タイトルまま。 お疲れさまです。 認知症の人が、街中で徘徊する世の中です。 どう …

「いい人生だった」と言えるために

以下の3つを大切にしましょう。 感情豊かに生きる 人生の意味と感情との関係性は大 …

no image
研究結果:不幸に生きても死亡リスクへの直接的な影響はない

イギリス人女性の場合、かならずしも不幸と感じていることが生命を脅かすものではない …