認知症com

安心して認知症のいまをいき、これからをいきるために

*

高齢者の困窮問題に思うこと

   

敬老の日を一つのきっかけとして、各所で高齢者の貧困の問題が取りざたされています。

孤独死が問題視されていますが、人に頼れない社会構造を象徴しているようです。

d2a70a90e8b5101b9fca02a930f09311_s

これは、田舎にはあまり関係のない話ということで、田舎の方では「何をいまさら…」という冷めた意見も耳にします。

「働いていた時から、つながりをつくっていさえすればこんなことにならなかったんじゃあ」

「いままで、どんな生活をしてきたのか?」

そんな意見を耳にするのです。

地域とのつながりを想定しない、そういうライフスタイルの中で、自由を謳歌してきたという点をついての自己責任論があることは事実です。

 

「普通に働いてきた人が、普通に生活できない老後をおくることになる」

という言葉の裏には、経済的孤独や孤立があることは間違いないですね。

もしも、困った時にたよることができるひとがいれば、こんなに絶望感を抱くことはないと思うのです。

 

結局のところ、お金の問題が一つ、もう一つ大きな問題としての孤立感の問題があるように思います。

若い人は地域の高齢者を気にかけてあげてください。

高齢者になりかかっている人は、若いひとに対して自分ができることをしてみてください。

高齢者の皆様は、遠慮せずに若いひとにお節介を焼きましょう。

 

そうやって、有機的に繋がらないと社会は頼り甲斐のないものになってしまうと思います。

 - コラム

adsense336

adsense336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

認知症と検索すると明らかに怪しい商品のセールスが上位に出てくる現状に対する苦言

twitterやgoogleで認知症と検索すると、明らかにセールス目的なアカウン …

認知症の恐ろしさは、想いに裏切られること

認知症になっても幸せに過ごせる人と、そうでない人の違いは、頑張りすぎるかどうかに …

「いい人生だった」と言えるために

以下の3つを大切にしましょう。 感情豊かに生きる 人生の意味と感情との関係性は大 …

認知症の人を家族から隔離する施設であることだけが目的の施設がある。かもしれない。

ちょっと疑問に思ったので皆さんに提起します。 ズバリ、認知症の施設の中には、明ら …

no image
介護福祉士はじめ、認知症介護の現場で日常的に虐待が起こる理由

そりゃもう、ストレスがたまるからですね。 プロにあるまじき最悪の理由ですけれども …

no image
認知症ケアの前提

認知症ケアの構成要素について思いついたことを書いてみました。 思いつきなので、的 …

もの忘れ外来で、「しゃべり」から認知症がはんだんできるだろうか?

どの程度、すらすらと話ができるかどうか(正しくは、言語流暢性課題というらしいです …

スマホやネットで10代の人も認知症に?恐るべき、”デジタル認知症”の実態とは?

「認知症になるのは、おじいちゃんおばあちゃんだけでしょ?」 「二十代の自分には関 …

no image
認知症が増えたのではなく、認知症でも長く生きる世の中になったこと

人間の生存の限界は神のみぞ知ります。 だから、何歳まで生きるかなんて、語ることに …

誰かと会うこと、どこかにでかけることが認知症の進行を食い止める

仕事を辞めると認知症が一気に進行するという話を耳にします。 それは、脳を使う機会 …