認知症com

安心して認知症のいまをいき、これからをいきるために

*

高齢者の困窮問題に思うこと

   

敬老の日を一つのきっかけとして、各所で高齢者の貧困の問題が取りざたされています。

孤独死が問題視されていますが、人に頼れない社会構造を象徴しているようです。

d2a70a90e8b5101b9fca02a930f09311_s

これは、田舎にはあまり関係のない話ということで、田舎の方では「何をいまさら…」という冷めた意見も耳にします。

「働いていた時から、つながりをつくっていさえすればこんなことにならなかったんじゃあ」

「いままで、どんな生活をしてきたのか?」

そんな意見を耳にするのです。

地域とのつながりを想定しない、そういうライフスタイルの中で、自由を謳歌してきたという点をついての自己責任論があることは事実です。

 

「普通に働いてきた人が、普通に生活できない老後をおくることになる」

という言葉の裏には、経済的孤独や孤立があることは間違いないですね。

もしも、困った時にたよることができるひとがいれば、こんなに絶望感を抱くことはないと思うのです。

 

結局のところ、お金の問題が一つ、もう一つ大きな問題としての孤立感の問題があるように思います。

若い人は地域の高齢者を気にかけてあげてください。

高齢者になりかかっている人は、若いひとに対して自分ができることをしてみてください。

高齢者の皆様は、遠慮せずに若いひとにお節介を焼きましょう。

 

そうやって、有機的に繋がらないと社会は頼り甲斐のないものになってしまうと思います。

 - コラム

adsense336

adsense336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「いい人生だった」と言えるために

以下の3つを大切にしましょう。 感情豊かに生きる 人生の意味と感情との関係性は大 …

自分の家で「私は家に帰ります!」と訴える認知症の方

病院であっても、「家に帰ります」という言葉がそのまま受け取ってよいものかどうかは …

no image
見当識障害とは?毎回はじめましてなおじいちゃん

どうもこんにちは。 今日のお話は、中等度認知症の方を日常的にケア・サポートする方 …

no image
相手が違和感を感じないコミュニケーションが基本

認知症の方のBPSDを軽減する関わりには、相手に合わせることが必要です。 つまり …

no image
生活の質(QOL)の密度という考え方

生活の質という概念は、結構一般的ですが、その密度のようなものについては、あまり論 …

認知症と診断されてから、はじめて自分の人生について考えるのはとても大変。

もしも、認知症と診断されたら、一番大切なことは今後の身の振り方を決めておくことだ …

認知症の人を家族から隔離する施設であることだけが目的の施設がある。かもしれない。

ちょっと疑問に思ったので皆さんに提起します。 ズバリ、認知症の施設の中には、明ら …

no image
認知症の人が街中で普通にいる世の中がきっとくる。

タイトルまま。 お疲れさまです。 認知症の人が、街中で徘徊する世の中です。 どう …

no image
気兼ねのない介助ってなんだろう。どうしたらいいだろう。

認知症に限らずではありますが、人に何かをお願いすることは気兼ねするものですね。 …

みんなが元気になれる社会を目指すのが一番の認知症対策、という話。

認知症にフォーカスする以上に、みんなが元気になれる社会を目指してやってくほうが効 …