認知症com

安心して認知症のいまをいき、これからをいきるために

*

認知症ケア先進国スコットランドに学ぶ

   

認知症の方が暮らしやすい社会を作るためには、さまざまな工夫が必要です。

その工夫を実践しているのが、イギリスのスコットランドです。

どんな工夫がされているのでしょうか?

1写真(視覚情報)をつかう。

文字を読んで、内容を理解するというのは、実は高度な知的技術です。

音(ことば)を聞いて思い浮かべるのも同様です。

写真(視覚情報)であれば、ダイレクトに伝えることができます。

小説を読むよりも、漫画を読む方が、楽しいと感じるひとが多いのは、漫画の方が情報を追いかけるのに必要な知的活動のハードルが低いからです。

スケジュール管理などで、写真を用いることによって、つかむべき情報の把握を簡単にすることができます。

2目立ちやすくする。

重要なポイントを取捨選択し、なるべくシンプルにすると同時に、重要な場所などに色をつけることによって、強調し、目立たせる工夫をしています。

これによって、認知、認識が行いやすくなります。

暖色系のものよりも、寒色系の方がわかりやすいということです。

3ボランティアの活力を動員する

サポーターの数が充実していることがいろいろな前提となっているようです。

個人レベルだけでなく、企業がその中心となることもあります。

f9e326d87748b37fa8ea82da1608c568_s

4ブックレット(解説書)をつくる

「こんなときにはどうしたらいいか」に対するマニュアルがあれば安心ですよね。

各種団体が、いろいろなものを作成しているようです。

5当事者団体の存在

認知症の施策がうまくいくためには、当事者の方の声が最も重要となることはいうまでもありません。

その発信を行うための当事者団体が、存在します。

そして、その意見を尊重するような社会的なしくみが存在します。

6「認知症は社会で力を合わせて支えあう」と啓蒙する

これが一番大切ですね。

認知症の問題にかかわる人が、増えないことにはどんな理想的な計画や政策もアイディアも無意味です。

まずは認知症を正しく知り、理解する人をたくさん増やすことが大切になりそうです。

 

参考:http://diamond.jp/articles/-/79879

 - コラム

adsense336

adsense336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

認知症の介護に向いてる人を図解する

「なんしぃねぇえぇええ!!」 と逆ギレされることもある、認知症の方との関わり。 …

no image
あえて考えてみよう。認知症のメリット

以前、「がんになってよかったこと」という記事を読んだことがあり、そのような発想に …

認知症の方に出会わない日常は、偏っているかもしれないです。

2025年には700万人を超えると言われる認知症の方の数。(割と少なめの見積もり …

no image
認知症が進行すると、変化に対して鈍感になるが・・・

臨床場面では、いろいろな症状の方がおられますが、多くの方が変化に対して鈍感になり …

みんなが元気になれる社会を目指すのが一番の認知症対策、という話。

認知症にフォーカスする以上に、みんなが元気になれる社会を目指してやってくほうが効 …

自分の家で「私は家に帰ります!」と訴える認知症の方

病院であっても、「家に帰ります」という言葉がそのまま受け取ってよいものかどうかは …

発想の転換で認知症を成長産業に結びつけることができるか?

とりあえず、目先の問題解決を第一優先として考えたとするとき、日本の国力なんて知っ …

あなたはいくつあてはまる?認知症の原因のアミロイドβの貯まりやすさを見る

科学的な研究・分析に基づいて、認知症のリスクファクター(なりやすさの原因)につい …

no image
認知症が増えたのではなく、認知症でも長く生きる世の中になったこと

人間の生存の限界は神のみぞ知ります。 だから、何歳まで生きるかなんて、語ることに …

no image
生活の質(QOL)の密度という考え方

生活の質という概念は、結構一般的ですが、その密度のようなものについては、あまり論 …