認知症com

安心して認知症のいまをいき、これからをいきるために

*

認知症ケア先進国スコットランドに学ぶ

   

認知症の方が暮らしやすい社会を作るためには、さまざまな工夫が必要です。

その工夫を実践しているのが、イギリスのスコットランドです。

どんな工夫がされているのでしょうか?

1写真(視覚情報)をつかう。

文字を読んで、内容を理解するというのは、実は高度な知的技術です。

音(ことば)を聞いて思い浮かべるのも同様です。

写真(視覚情報)であれば、ダイレクトに伝えることができます。

小説を読むよりも、漫画を読む方が、楽しいと感じるひとが多いのは、漫画の方が情報を追いかけるのに必要な知的活動のハードルが低いからです。

スケジュール管理などで、写真を用いることによって、つかむべき情報の把握を簡単にすることができます。

2目立ちやすくする。

重要なポイントを取捨選択し、なるべくシンプルにすると同時に、重要な場所などに色をつけることによって、強調し、目立たせる工夫をしています。

これによって、認知、認識が行いやすくなります。

暖色系のものよりも、寒色系の方がわかりやすいということです。

3ボランティアの活力を動員する

サポーターの数が充実していることがいろいろな前提となっているようです。

個人レベルだけでなく、企業がその中心となることもあります。

f9e326d87748b37fa8ea82da1608c568_s

4ブックレット(解説書)をつくる

「こんなときにはどうしたらいいか」に対するマニュアルがあれば安心ですよね。

各種団体が、いろいろなものを作成しているようです。

5当事者団体の存在

認知症の施策がうまくいくためには、当事者の方の声が最も重要となることはいうまでもありません。

その発信を行うための当事者団体が、存在します。

そして、その意見を尊重するような社会的なしくみが存在します。

6「認知症は社会で力を合わせて支えあう」と啓蒙する

これが一番大切ですね。

認知症の問題にかかわる人が、増えないことにはどんな理想的な計画や政策もアイディアも無意味です。

まずは認知症を正しく知り、理解する人をたくさん増やすことが大切になりそうです。

 

参考:http://diamond.jp/articles/-/79879

 - コラム

adsense336

adsense336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
認知症のケアでよくあるケガについて

認知症の方をケアする時に、自他共に、時々事故でケガすることがありました。 これら …

石坂浩二の年齢を聞いて非常に驚いた。

なんと、齢74歳。 いつまでもお若いってのはいいですね。 若さの秘訣が気になりま …

誰かと会うこと、どこかにでかけることが認知症の進行を食い止める

仕事を辞めると認知症が一気に進行するという話を耳にします。 それは、脳を使う機会 …

スマホやネットで10代の人も認知症に?恐るべき、”デジタル認知症”の実態とは?

「認知症になるのは、おじいちゃんおばあちゃんだけでしょ?」 「二十代の自分には関 …

no image
相模原市の事件について認知症comの中のひとが思ったこと

前提 意外と、犯人にシンパシーを覚えている若い人たちは少なくないということ。 い …

【相談】離婚しようと思った矢先に、認知症になった夫。どうしたらいいか?

ネット上の記事で、認知症になった夫と離婚できるのかという相談をみつけました。 実 …

「いい人生だった」と言えるために

以下の3つを大切にしましょう。 感情豊かに生きる 人生の意味と感情との関係性は大 …

自分の家で「私は家に帰ります!」と訴える認知症の方

病院であっても、「家に帰ります」という言葉がそのまま受け取ってよいものかどうかは …

no image
生活の質(QOL)の密度という考え方

生活の質という概念は、結構一般的ですが、その密度のようなものについては、あまり論 …

no image
気兼ねのない介助ってなんだろう。どうしたらいいだろう。

認知症に限らずではありますが、人に何かをお願いすることは気兼ねするものですね。 …