認知症com

安心して認知症のいまをいき、これからをいきるために

*

認知症の早期発見は果たしてナンセンスか

   

当サイトでも、認知症の早期発見は非常に大切だと、各所で述べさせていただいております。

しかし、それに真っ向から対立するようなタイトルの記事が公開されているのを目にしました。

読んでみた感想を記事にします。

こちらがその記事になります。

「認知症は早期発見が大切」はナンセンスである かえって弊害多く ー http://biz-journal.jp

内容を読んでみると、「なるほど」と思わされました。同時に、認知症の早期発見が重要であることの反論にはなっていないと感じました。

まず、どこが反論になっていないと感じたかについてですが、認知症の早期発見が大切なのは、認知症症状がすでに現れている人や、画像所見上明らかに異常がある人について、きちんと触れられていないからです。こうした方にとって、果たして早期発見は無意味なものでしょうか?

そして、なるほどと思った点。認知症の早期発見を急ぐあまりいろいろな問題が生じているという指摘です問題なのは、誤診と過剰な認知症治療であるという点が、上記の記事の本質であり、それらは確かに問題であると感じました。

本当に必要な人に、支援や治療や医療費などが使えなくなるリスクがある点で、生活保護の問題とも重なっているように思われます。

 

最後に、医療機関に実際に入院することとなった方々を見てきた個人的な印象としては「早期発見が重要である」です。個人的に、上記のような問題を解決するために何ができるのかについては、考えていきたいとおもいます。

 - コラム

adsense336

adsense336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

認知症の方に出会わない日常は、偏っているかもしれないです。

2025年には700万人を超えると言われる認知症の方の数。(割と少なめの見積もり …

認知症の方々から学んだこと『人生を楽しんでおいたほうが良い』

臨床の現場で、何人もの認知症の方にかかわらせていただく中で、「楽しみが多い人は病 …

スマホやネットで10代の人も認知症に?恐るべき、”デジタル認知症”の実態とは?

「認知症になるのは、おじいちゃんおばあちゃんだけでしょ?」 「二十代の自分には関 …

認知症の恐ろしさは、想いに裏切られること

認知症になっても幸せに過ごせる人と、そうでない人の違いは、頑張りすぎるかどうかに …

【相談】離婚しようと思った矢先に、認知症になった夫。どうしたらいいか?

ネット上の記事で、認知症になった夫と離婚できるのかという相談をみつけました。 実 …

no image
生活の質(QOL)の密度という考え方

生活の質という概念は、結構一般的ですが、その密度のようなものについては、あまり論 …

no image
認知症が進行すると、変化に対して鈍感になるが・・・

臨床場面では、いろいろな症状の方がおられますが、多くの方が変化に対して鈍感になり …

「いい人生だった」と言えるために

以下の3つを大切にしましょう。 感情豊かに生きる 人生の意味と感情との関係性は大 …

みんなが元気になれる社会を目指すのが一番の認知症対策、という話。

認知症にフォーカスする以上に、みんなが元気になれる社会を目指してやってくほうが効 …

精神科病院に認知症患者の方が必要以上に長期に留まる現実とそのデメリット

長期間の精神科病院への入院が慢性化している現実があります。 今日は、その現実をご …