認知症com

安心して認知症のいまをいき、これからをいきるために

*

見当識障害とは?毎回はじめましてなおじいちゃん

   

どうもこんにちは。

今日のお話は、中等度認知症の方を日常的にケア・サポートする方に向けての内容です。

「おはよう」というと怒り、「はじめまして」というと「ああそうですね」と応じるおじいちゃんのお話です。

おもしろいと思いませんか?普通の反応は逆ですよね。

相手が覚えていてくれたら嬉しいし、反対に以前会ったことがあるのに「はじめまして」とこられたら、少し残念な気持ちになるのがふつうだとおもいます。

そうした人間的な背景も踏まえておよみいただきたいのですが、病院や施設のの看護師や介護スタッフは、ケアする期間が長くなると、ついつい親しみを全面に出した関わりをしてしまっていないでしょうか?

しかし、ちょっと待って下さい。

あなたは慣れて見知った人かもしれませんが、相手からみたあなたはいつまでたっても初めて会う人かもしれませんよ。

なにを言っているかというと、いわゆる人の見当識や、記憶力に問題がないかということです。

この評価が、ご本人の安心を大きく左右します。

さて、考えてみて下さい。

全くの初対面の人が、「昨日はありがとう。調子どう?」といきなり話しかけてきたら、そりゃあ警戒したくもなり、非礼を叱りつけたくもならないでしょうか?

とくに、一年目の介護職の方はこれをやってしまいがちです。

気をつけましょう。

ちなみに冒頭のおじいちゃんは、スタッフが「おはよう」と声をかけると、「なんやおどろいたやろがい!」と攻撃性むき出しになり、怒声が聞かれたり非道いときには暴力行為がみられます。

一方で、「はじめまして、○○ともうします。」とスタッフ側が自己紹介から入ると、「ああどうもこりゃはじめまして」と、穏やかに応じられますし、そのあとは持ち前の社交性を発揮され、自分の身の上話を面白おかしくはなして下さいます。

たかが挨拶と思われるかもしれませんが、それでも実際これほどに違いがあります。

相手に応じて自分の出方を変えるのが大切ですね。

 - コラム, 見当識障害, 認知症ケア

adsense336

adsense336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

薬を服用することで見られる「怒りっぽさ」は実は、副作用ではない説

認知症の治療において、薬物療法は非常に重要です。 認知症の治療薬は、精神活動を賦 …

認知症の治療・ケアにおいて、一番大切なのは家族の支援力

一緒に暮らしている家族が、一番認知症の方を支えることができるポテンシャルを秘めて …

no image
あえて考えてみよう。認知症のメリット

以前、「がんになってよかったこと」という記事を読んだことがあり、そのような発想に …

ユマニチュード〜認知症当事者に寄り添うための技術

基本は、敬意を行動にして表すこと。 相手の認知を尊重すること。 ユマニチュードの …

スマホやネットで10代の人も認知症に?恐るべき、”デジタル認知症”の実態とは?

「認知症になるのは、おじいちゃんおばあちゃんだけでしょ?」 「二十代の自分には関 …

石坂浩二の年齢を聞いて非常に驚いた。

なんと、齢74歳。 いつまでもお若いってのはいいですね。 若さの秘訣が気になりま …

no image
認知症の早期発見は果たしてナンセンスか

当サイトでも、認知症の早期発見は非常に大切だと、各所で述べさせていただいておりま …

no image
介護福祉士はじめ、認知症介護の現場で日常的に虐待が起こる理由

そりゃもう、ストレスがたまるからですね。 プロにあるまじき最悪の理由ですけれども …

精神科病院に認知症患者の方が必要以上に長期に留まる現実とそのデメリット

長期間の精神科病院への入院が慢性化している現実があります。 今日は、その現実をご …

no image
認知症の人とは笑顔で一緒にいるのが一番のケア

日々認知症となった方々と接する中で一つ確信することがあります。 それは、認知症と …