認知症com

安心して認知症のいまをいき、これからをいきるために

*

見当識障害とは?毎回はじめましてなおじいちゃん

   

どうもこんにちは。

今日のお話は、中等度認知症の方を日常的にケア・サポートする方に向けての内容です。

「おはよう」というと怒り、「はじめまして」というと「ああそうですね」と応じるおじいちゃんのお話です。

おもしろいと思いませんか?普通の反応は逆ですよね。

相手が覚えていてくれたら嬉しいし、反対に以前会ったことがあるのに「はじめまして」とこられたら、少し残念な気持ちになるのがふつうだとおもいます。

そうした人間的な背景も踏まえておよみいただきたいのですが、病院や施設のの看護師や介護スタッフは、ケアする期間が長くなると、ついつい親しみを全面に出した関わりをしてしまっていないでしょうか?

しかし、ちょっと待って下さい。

あなたは慣れて見知った人かもしれませんが、相手からみたあなたはいつまでたっても初めて会う人かもしれませんよ。

なにを言っているかというと、いわゆる人の見当識や、記憶力に問題がないかということです。

この評価が、ご本人の安心を大きく左右します。

さて、考えてみて下さい。

全くの初対面の人が、「昨日はありがとう。調子どう?」といきなり話しかけてきたら、そりゃあ警戒したくもなり、非礼を叱りつけたくもならないでしょうか?

とくに、一年目の介護職の方はこれをやってしまいがちです。

気をつけましょう。

ちなみに冒頭のおじいちゃんは、スタッフが「おはよう」と声をかけると、「なんやおどろいたやろがい!」と攻撃性むき出しになり、怒声が聞かれたり非道いときには暴力行為がみられます。

一方で、「はじめまして、○○ともうします。」とスタッフ側が自己紹介から入ると、「ああどうもこりゃはじめまして」と、穏やかに応じられますし、そのあとは持ち前の社交性を発揮され、自分の身の上話を面白おかしくはなして下さいます。

たかが挨拶と思われるかもしれませんが、それでも実際これほどに違いがあります。

相手に応じて自分の出方を変えるのが大切ですね。

 - コラム, 見当識障害, 認知症ケア

adsense336

adsense336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

超重要!最新脳科学に見る、認知症を改善する関わりとは

良かれと思って投げかける注意や投げかけによる、コミュニケーションのすれ違いが認知 …

認知症と診断されてから、はじめて自分の人生について考えるのはとても大変。

もしも、認知症と診断されたら、一番大切なことは今後の身の振り方を決めておくことだ …

no image
介護福祉士はじめ、認知症介護の現場で日常的に虐待が起こる理由

そりゃもう、ストレスがたまるからですね。 プロにあるまじき最悪の理由ですけれども …

認知症の方に出会わない日常は、偏っているかもしれないです。

2025年には700万人を超えると言われる認知症の方の数。(割と少なめの見積もり …

no image
相手が違和感を感じないコミュニケーションが基本

認知症の方のBPSDを軽減する関わりには、相手に合わせることが必要です。 つまり …

認知症の治療・ケアにおいて、一番大切なのは家族の支援力

一緒に暮らしている家族が、一番認知症の方を支えることができるポテンシャルを秘めて …

お金さえあれば、認知症は怖くない?!

確かに、お金があれば適切なサービスがいくらでも使えますよね。 逆に言えば、認知症 …

認知症における「子供や家族に迷惑をかけたくない」はやめるべき- できるできない問題

ちょっと小難しい話かもしれませんが、大切なお話です。 あくまで、個人的な体験談で …

施設において「理想の認知症ケア」なぜ実現できないか

内緒の業界ぶっちゃけ話です。 家族やご本人様向けの記事になったような気がします。 …

no image
認知症のケアでよくあるケガについて

認知症の方をケアする時に、自他共に、時々事故でケガすることがありました。 これら …