認知症com

安心して認知症のいまをいき、これからをいきるために

*

認知症の人が街中で普通にいる世の中がきっとくる。

   

タイトルまま。

お疲れさまです。

認知症の人が、街中で徘徊する世の中です。

どうですか?

結構、理想的だと思います。

みんなが認知症をオープンに出来るってことですから。

それに対して、みんなが自然に支援ができる世の中になればもっとすばらしいと思います。

公衆トイレには、更衣のためのスペースがあり、ショッピングセンターには、認知症当事者がスムーズに買いものができるような表示の工夫がたくさんあって、どこで道に迷っても、誰かがつれて帰ってくれる。

こうなると、もしも、家族が認知症になったとしても安心できませんか?

 - コラム, 認知症包括支援

adsense336

adsense336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「いい人生だった」と言えるために

以下の3つを大切にしましょう。 感情豊かに生きる 人生の意味と感情との関係性は大 …

もの忘れ外来で、「しゃべり」から認知症がはんだんできるだろうか?

どの程度、すらすらと話ができるかどうか(正しくは、言語流暢性課題というらしいです …

敬老の日の銀盃が銀メッキ杯へ

100歳万歳なのですが、そのお祝いムードに影を落としそうな話題です。 なんとも悲 …

no image
見当識障害とは?毎回はじめましてなおじいちゃん

どうもこんにちは。 今日のお話は、中等度認知症の方を日常的にケア・サポートする方 …

no image
生活の質(QOL)の密度という考え方

生活の質という概念は、結構一般的ですが、その密度のようなものについては、あまり論 …

no image
おおまかな最新認知症事情あれこれ

認知症について最新の研究でわかってきたこともあり、これまで通りなところもあり。 …

認知症と診断されてから、はじめて自分の人生について考えるのはとても大変。

もしも、認知症と診断されたら、一番大切なことは今後の身の振り方を決めておくことだ …

認知症の方に出会わない日常は、偏っているかもしれないです。

2025年には700万人を超えると言われる認知症の方の数。(割と少なめの見積もり …

no image
とある地域の「包括ケア会議の現実」のメモが出てきた。

以前、とある地域のどこかの勉強会でとある人が話してくれたことのメモ書きが見つかっ …

no image
介護福祉士はじめ、認知症介護の現場で日常的に虐待が起こる理由

そりゃもう、ストレスがたまるからですね。 プロにあるまじき最悪の理由ですけれども …