認知症com

安心して認知症のいまをいき、これからをいきるために

*

認知症の人が街中で普通にいる世の中がきっとくる。

   

タイトルまま。

お疲れさまです。

認知症の人が、街中で徘徊する世の中です。

どうですか?

結構、理想的だと思います。

みんなが認知症をオープンに出来るってことですから。

それに対して、みんなが自然に支援ができる世の中になればもっとすばらしいと思います。

公衆トイレには、更衣のためのスペースがあり、ショッピングセンターには、認知症当事者がスムーズに買いものができるような表示の工夫がたくさんあって、どこで道に迷っても、誰かがつれて帰ってくれる。

こうなると、もしも、家族が認知症になったとしても安心できませんか?

 - コラム, 認知症包括支援

adsense336

adsense336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

認知症の方に出会わない日常は、偏っているかもしれないです。

2025年には700万人を超えると言われる認知症の方の数。(割と少なめの見積もり …

no image
生活の質(QOL)の密度という考え方

生活の質という概念は、結構一般的ですが、その密度のようなものについては、あまり論 …

no image
認知症のケアでよくあるケガについて

認知症の方をケアする時に、自他共に、時々事故でケガすることがありました。 これら …

認知症の方々から学んだこと『人生を楽しんでおいたほうが良い』

臨床の現場で、何人もの認知症の方にかかわらせていただく中で、「楽しみが多い人は病 …

no image
日本で子供を作るのは罪だと思う – はてな匿名ダイアリー を読んでなんて的外れな意見だろうと思う。

http://anond.hatelabo.jp/20160927071136 …

お金さえあれば、認知症は怖くない?!

確かに、お金があれば適切なサービスがいくらでも使えますよね。 逆に言えば、認知症 …

精神科病院に認知症患者の方が必要以上に長期に留まる現実とそのデメリット

長期間の精神科病院への入院が慢性化している現実があります。 今日は、その現実をご …

認知症の恐ろしさは、想いに裏切られること

認知症になっても幸せに過ごせる人と、そうでない人の違いは、頑張りすぎるかどうかに …

もの忘れ外来で、「しゃべり」から認知症がはんだんできるだろうか?

どの程度、すらすらと話ができるかどうか(正しくは、言語流暢性課題というらしいです …

発想の転換で認知症を成長産業に結びつけることができるか?

とりあえず、目先の問題解決を第一優先として考えたとするとき、日本の国力なんて知っ …