認知症com

安心して認知症のいまをいき、これからをいきるために

*

認知症の人が街中で普通にいる世の中がきっとくる。

   

タイトルまま。

お疲れさまです。

認知症の人が、街中で徘徊する世の中です。

どうですか?

結構、理想的だと思います。

みんなが認知症をオープンに出来るってことですから。

それに対して、みんなが自然に支援ができる世の中になればもっとすばらしいと思います。

公衆トイレには、更衣のためのスペースがあり、ショッピングセンターには、認知症当事者がスムーズに買いものができるような表示の工夫がたくさんあって、どこで道に迷っても、誰かがつれて帰ってくれる。

こうなると、もしも、家族が認知症になったとしても安心できませんか?

 - コラム, 認知症包括支援

adsense336

adsense336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

精神科病院に認知症患者の方が必要以上に長期に留まる現実とそのデメリット

長期間の精神科病院への入院が慢性化している現実があります。 今日は、その現実をご …

no image
相模原市の事件について認知症comの中のひとが思ったこと

前提 意外と、犯人にシンパシーを覚えている若い人たちは少なくないということ。 い …

「いい人生だった」と言えるために

以下の3つを大切にしましょう。 感情豊かに生きる 人生の意味と感情との関係性は大 …

認知症の方をケアする仕事をする現場のマネジメントが不十分な件

「お兄さんは、私の息子と会ったことが会ったかねえ」   今日、とある淑 …

認知症にも影響?600万円が生活水準を大きく分ける

認知症になりやすい人の傾向として、喫煙週間があったり、肥満があったり。 そういう …

石坂浩二の年齢を聞いて非常に驚いた。

なんと、齢74歳。 いつまでもお若いってのはいいですね。 若さの秘訣が気になりま …

no image
相手が違和感を感じないコミュニケーションが基本

認知症の方のBPSDを軽減する関わりには、相手に合わせることが必要です。 つまり …

no image
生活の質(QOL)の密度という考え方

生活の質という概念は、結構一般的ですが、その密度のようなものについては、あまり論 …

no image
おおまかな最新認知症事情あれこれ

認知症について最新の研究でわかってきたこともあり、これまで通りなところもあり。 …

お金さえあれば、認知症は怖くない?!

確かに、お金があれば適切なサービスがいくらでも使えますよね。 逆に言えば、認知症 …