認知症com

安心して認知症のいまをいき、これからをいきるために

*

認知症の人が街中で普通にいる世の中がきっとくる。

   

タイトルまま。

お疲れさまです。

認知症の人が、街中で徘徊する世の中です。

どうですか?

結構、理想的だと思います。

みんなが認知症をオープンに出来るってことですから。

それに対して、みんなが自然に支援ができる世の中になればもっとすばらしいと思います。

公衆トイレには、更衣のためのスペースがあり、ショッピングセンターには、認知症当事者がスムーズに買いものができるような表示の工夫がたくさんあって、どこで道に迷っても、誰かがつれて帰ってくれる。

こうなると、もしも、家族が認知症になったとしても安心できませんか?

 - コラム, 認知症包括支援

adsense336

adsense336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

認知症の方に出会わない日常は、偏っているかもしれないです。

2025年には700万人を超えると言われる認知症の方の数。(割と少なめの見積もり …

no image
高齢者の困窮問題に思うこと

敬老の日を一つのきっかけとして、各所で高齢者の貧困の問題が取りざたされています。 …

認知症ケア先進国スコットランドに学ぶ

認知症の方が暮らしやすい社会を作るためには、さまざまな工夫が必要です。 その工夫 …

認知症と診断されてから、はじめて自分の人生について考えるのはとても大変。

もしも、認知症と診断されたら、一番大切なことは今後の身の振り方を決めておくことだ …

誰かと会うこと、どこかにでかけることが認知症の進行を食い止める

仕事を辞めると認知症が一気に進行するという話を耳にします。 それは、脳を使う機会 …

no image
おおまかな最新認知症事情あれこれ

認知症について最新の研究でわかってきたこともあり、これまで通りなところもあり。 …

no image
認知症のケアでよくあるケガについて

認知症の方をケアする時に、自他共に、時々事故でケガすることがありました。 これら …

認知症の方々から学んだこと『人生を楽しんでおいたほうが良い』

臨床の現場で、何人もの認知症の方にかかわらせていただく中で、「楽しみが多い人は病 …

no image
生活の質(QOL)の密度という考え方

生活の質という概念は、結構一般的ですが、その密度のようなものについては、あまり論 …

認知症進行予防の対策としては、実は効果の薄いかも知れない計算ドリル

計算ドリルの反復によって計算が早くなる可能性があります。 認知症の人でも同様に、 …