認知症com

安心して認知症のいまをいき、これからをいきるために

*

認知症の人が街中で普通にいる世の中がきっとくる。

   

タイトルまま。

お疲れさまです。

認知症の人が、街中で徘徊する世の中です。

どうですか?

結構、理想的だと思います。

みんなが認知症をオープンに出来るってことですから。

それに対して、みんなが自然に支援ができる世の中になればもっとすばらしいと思います。

公衆トイレには、更衣のためのスペースがあり、ショッピングセンターには、認知症当事者がスムーズに買いものができるような表示の工夫がたくさんあって、どこで道に迷っても、誰かがつれて帰ってくれる。

こうなると、もしも、家族が認知症になったとしても安心できませんか?

 - コラム, 認知症包括支援

adsense336

adsense336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

認知症と検索すると明らかに怪しい商品のセールスが上位に出てくる現状に対する苦言

twitterやgoogleで認知症と検索すると、明らかにセールス目的なアカウン …

お金さえあれば、認知症は怖くない?!

確かに、お金があれば適切なサービスがいくらでも使えますよね。 逆に言えば、認知症 …

no image
おおまかな最新認知症事情あれこれ

認知症について最新の研究でわかってきたこともあり、これまで通りなところもあり。 …

認知症の介護に向いてる人を図解する

「なんしぃねぇえぇええ!!」 と逆ギレされることもある、認知症の方との関わり。 …

認知症が、絶望的なのは、自己完結な価値観が根底にあるからではないか。

別に認知症に限らず、癌や様々な難病を患った時に、何を希望として生きていけばよいの …

no image
相手が違和感を感じないコミュニケーションが基本

認知症の方のBPSDを軽減する関わりには、相手に合わせることが必要です。 つまり …

no image
相模原市の事件について認知症comの中のひとが思ったこと

前提 意外と、犯人にシンパシーを覚えている若い人たちは少なくないということ。 い …

スマホやネットで10代の人も認知症に?恐るべき、”デジタル認知症”の実態とは?

「認知症になるのは、おじいちゃんおばあちゃんだけでしょ?」 「二十代の自分には関 …

認知症の方をケアする仕事をする現場のマネジメントが不十分な件

「お兄さんは、私の息子と会ったことが会ったかねえ」   今日、とある淑 …

no image
介護福祉士はじめ、認知症介護の現場で日常的に虐待が起こる理由

そりゃもう、ストレスがたまるからですね。 プロにあるまじき最悪の理由ですけれども …