認知症com

安心して認知症のいまをいき、これからをいきるために

*

認知症の人とは笑顔で一緒にいるのが一番のケア

   

日々認知症となった方々と接する中で一つ確信することがあります。

それは、認知症となってからもその人が以前から持ち続けていた思いというのは残るということです。

特に人を大切に思う気持ちは、認知症になってからも変わらないなあと思います。

そうした方々にとって、家族や友人と過ごす時間はかけがえのないのないものです。

一方で、「空気を読んで」「相手の表情を察して」「それとなく」「自然に」「配慮して」といった、曖昧で感覚的かつ理性的要素が求められる言動は難しくなります。

そしてそれが周囲との摩擦になっていきます。

認知症の人にとって、自分の言動がどのような影響を与えるかということは、自分のあずかり知らぬことです。

自分自身が思うようにコントロールできない部分が増えて行くのが認知症だとおもっています。

だからこそ、逆に「できることはたくさんある」とスポットライトを当てるような関わりが重要視されているわけですね。

そして、認知症の人は「人の気持ち」がわかります。

相手に喜んでもらえるとうれしいという感覚もあります。

周囲のひとが笑っているとうれしいのです。

だから、困った顔をしないでなるべく笑顔で過ごせることが大切です。

 - コラム

adsense336

adsense336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
認知症が進行すると、変化に対して鈍感になるが・・・

臨床場面では、いろいろな症状の方がおられますが、多くの方が変化に対して鈍感になり …

no image
あえて考えてみよう。認知症のメリット

以前、「がんになってよかったこと」という記事を読んだことがあり、そのような発想に …

認知症の方をケアする仕事をする現場のマネジメントが不十分な件

「お兄さんは、私の息子と会ったことが会ったかねえ」   今日、とある淑 …

認知症の介護に向いてる人を図解する

「なんしぃねぇえぇええ!!」 と逆ギレされることもある、認知症の方との関わり。 …

「いい人生だった」と言えるために

以下の3つを大切にしましょう。 感情豊かに生きる 人生の意味と感情との関係性は大 …

みんなが元気になれる社会を目指すのが一番の認知症対策、という話。

認知症にフォーカスする以上に、みんなが元気になれる社会を目指してやってくほうが効 …

認知症ケア先進国スコットランドに学ぶ

認知症の方が暮らしやすい社会を作るためには、さまざまな工夫が必要です。 その工夫 …

認知症と診断されてから、はじめて自分の人生について考えるのはとても大変。

もしも、認知症と診断されたら、一番大切なことは今後の身の振り方を決めておくことだ …

認知症の方に出会わない日常は、偏っているかもしれないです。

2025年には700万人を超えると言われる認知症の方の数。(割と少なめの見積もり …

認知症進行予防の対策としては、実は効果の薄いかも知れない計算ドリル

計算ドリルの反復によって計算が早くなる可能性があります。 認知症の人でも同様に、 …