認知症com

安心して認知症のいまをいき、これからをいきるために

*

認知症の人とは笑顔で一緒にいるのが一番のケア

   

日々認知症となった方々と接する中で一つ確信することがあります。

それは、認知症となってからもその人が以前から持ち続けていた思いというのは残るということです。

特に人を大切に思う気持ちは、認知症になってからも変わらないなあと思います。

そうした方々にとって、家族や友人と過ごす時間はかけがえのないのないものです。

一方で、「空気を読んで」「相手の表情を察して」「それとなく」「自然に」「配慮して」といった、曖昧で感覚的かつ理性的要素が求められる言動は難しくなります。

そしてそれが周囲との摩擦になっていきます。

認知症の人にとって、自分の言動がどのような影響を与えるかということは、自分のあずかり知らぬことです。

自分自身が思うようにコントロールできない部分が増えて行くのが認知症だとおもっています。

だからこそ、逆に「できることはたくさんある」とスポットライトを当てるような関わりが重要視されているわけですね。

そして、認知症の人は「人の気持ち」がわかります。

相手に喜んでもらえるとうれしいという感覚もあります。

周囲のひとが笑っているとうれしいのです。

だから、困った顔をしないでなるべく笑顔で過ごせることが大切です。

 - コラム

adsense336

adsense336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
生活の質(QOL)の密度という考え方

生活の質という概念は、結構一般的ですが、その密度のようなものについては、あまり論 …

no image
認知症のケアでよくあるケガについて

認知症の方をケアする時に、自他共に、時々事故でケガすることがありました。 これら …

認知症ケア先進国スコットランドに学ぶ

認知症の方が暮らしやすい社会を作るためには、さまざまな工夫が必要です。 その工夫 …

認知症にも影響?600万円が生活水準を大きく分ける

認知症になりやすい人の傾向として、喫煙週間があったり、肥満があったり。 そういう …

石坂浩二の年齢を聞いて非常に驚いた。

なんと、齢74歳。 いつまでもお若いってのはいいですね。 若さの秘訣が気になりま …

no image
気兼ねのない介助ってなんだろう。どうしたらいいだろう。

認知症に限らずではありますが、人に何かをお願いすることは気兼ねするものですね。 …

no image
おおまかな最新認知症事情あれこれ

認知症について最新の研究でわかってきたこともあり、これまで通りなところもあり。 …

no image
認知症が増えたのではなく、認知症でも長く生きる世の中になったこと

人間の生存の限界は神のみぞ知ります。 だから、何歳まで生きるかなんて、語ることに …

no image
認知症の早期発見は果たしてナンセンスか

当サイトでも、認知症の早期発見は非常に大切だと、各所で述べさせていただいておりま …

「いい人生だった」と言えるために

以下の3つを大切にしましょう。 感情豊かに生きる 人生の意味と感情との関係性は大 …