認知症com

安心して認知症のいまをいき、これからをいきるために

*

おおまかな最新認知症事情あれこれ

   

認知症について最新の研究でわかってきたこともあり、これまで通りなところもあり。

ちょっと、徒然なるままにまとめてみました。

それでは、以下のように書いてみます。

なおらない

例外はありますが、3大認知症は治りません。

アルツハイマー病、レビー小体型、前頭側頭型認知症、脳血管性など種類はいろいろありますが、一度進行した認知症は、それ以前の状態に回復することはありません。

ですから、認知症を直そうと、当事者の方に過度なストレスをかけてしまうのは好ましくありません。むしろ、ストレスから不安が生じ、認知症の症状を強めてしまう結果になることもあります。

治らないことを前提に、認知症に向き合うことが大切です。

しかし、研究が進むにつれて、だんだんと予防法や治療法の道筋が見えるようになっています。

あくまで治らないのは現時点のことなのです。

だんだんメカニズムが明らかになりつつある

認知症に効く可能性がある薬も開発されつつあります。

歩き方が、進行と相関があることなどもわかってきているようです。

こうした知見を元に、本人らしく最後まで生きていく支援がより充実していくことでしょう。

物忘れが無い認知症がある

物忘れは、今も昔も、いちばんわかりやすい認知症の症状です。

以前から報告はあったのですが、レビー小体型認知症の場合には、記憶障害いわゆる物忘れをともなわない認知症が、うつ病と診断されるケースが明らかになってきています。

認知症と診断された時にも、実は認知症でない可能性があります。

セカンドオピニオンや、専門医による診断の重要性が叫ばれています。

物忘れ意外の問題

その一つが社会的なつながりの希薄さです。

そもそもの問題点は、地域のひとのつながりが希薄になっていることです。

田舎では、地域包括支援は必要無いというところもあります。

都市部のひとがもっとつながりを持つようになることで、いろいろな問題の解決作の糸口が見えてくるはずです。実際にそうした取り組みによって成果をあげつつある自治体も特集されるようになってきています。

 

まとめ

研究は着実に進んでいますが、やはり、認知症は本人も周囲のひとも精神的に苦しむ疾患ですので、いろいろなひとのつながりがどれだけあるのかということが根本的に重要になります。

同時に、最新の知識や情報に対して常にアンテナを張り巡らせておくことが大切になると思います。

 - news, コラム

adsense336

adsense336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

敬老の日の銀盃が銀メッキ杯へ

100歳万歳なのですが、そのお祝いムードに影を落としそうな話題です。 なんとも悲 …

no image
認知症が進行すると、変化に対して鈍感になるが・・・

臨床場面では、いろいろな症状の方がおられますが、多くの方が変化に対して鈍感になり …

【相談】離婚しようと思った矢先に、認知症になった夫。どうしたらいいか?

ネット上の記事で、認知症になった夫と離婚できるのかという相談をみつけました。 実 …

no image
介護福祉士はじめ、認知症介護の現場で日常的に虐待が起こる理由

そりゃもう、ストレスがたまるからですね。 プロにあるまじき最悪の理由ですけれども …

認知症と検索すると明らかに怪しい商品のセールスが上位に出てくる現状に対する苦言

twitterやgoogleで認知症と検索すると、明らかにセールス目的なアカウン …

発想の転換で認知症を成長産業に結びつけることができるか?

とりあえず、目先の問題解決を第一優先として考えたとするとき、日本の国力なんて知っ …

no image
気兼ねのない介助ってなんだろう。どうしたらいいだろう。

認知症に限らずではありますが、人に何かをお願いすることは気兼ねするものですね。 …

no image
認知症のケアでよくあるケガについて

認知症の方をケアする時に、自他共に、時々事故でケガすることがありました。 これら …

自分の家で「私は家に帰ります!」と訴える認知症の方

病院であっても、「家に帰ります」という言葉がそのまま受け取ってよいものかどうかは …

no image
認知症の人が街中で普通にいる世の中がきっとくる。

タイトルまま。 お疲れさまです。 認知症の人が、街中で徘徊する世の中です。 どう …