認知症com

安心して認知症のいまをいき、これからをいきるために

*

おおまかな最新認知症事情あれこれ

   

認知症について最新の研究でわかってきたこともあり、これまで通りなところもあり。

ちょっと、徒然なるままにまとめてみました。

それでは、以下のように書いてみます。

なおらない

例外はありますが、3大認知症は治りません。

アルツハイマー病、レビー小体型、前頭側頭型認知症、脳血管性など種類はいろいろありますが、一度進行した認知症は、それ以前の状態に回復することはありません。

ですから、認知症を直そうと、当事者の方に過度なストレスをかけてしまうのは好ましくありません。むしろ、ストレスから不安が生じ、認知症の症状を強めてしまう結果になることもあります。

治らないことを前提に、認知症に向き合うことが大切です。

しかし、研究が進むにつれて、だんだんと予防法や治療法の道筋が見えるようになっています。

あくまで治らないのは現時点のことなのです。

だんだんメカニズムが明らかになりつつある

認知症に効く可能性がある薬も開発されつつあります。

歩き方が、進行と相関があることなどもわかってきているようです。

こうした知見を元に、本人らしく最後まで生きていく支援がより充実していくことでしょう。

物忘れが無い認知症がある

物忘れは、今も昔も、いちばんわかりやすい認知症の症状です。

以前から報告はあったのですが、レビー小体型認知症の場合には、記憶障害いわゆる物忘れをともなわない認知症が、うつ病と診断されるケースが明らかになってきています。

認知症と診断された時にも、実は認知症でない可能性があります。

セカンドオピニオンや、専門医による診断の重要性が叫ばれています。

物忘れ意外の問題

その一つが社会的なつながりの希薄さです。

そもそもの問題点は、地域のひとのつながりが希薄になっていることです。

田舎では、地域包括支援は必要無いというところもあります。

都市部のひとがもっとつながりを持つようになることで、いろいろな問題の解決作の糸口が見えてくるはずです。実際にそうした取り組みによって成果をあげつつある自治体も特集されるようになってきています。

 

まとめ

研究は着実に進んでいますが、やはり、認知症は本人も周囲のひとも精神的に苦しむ疾患ですので、いろいろなひとのつながりがどれだけあるのかということが根本的に重要になります。

同時に、最新の知識や情報に対して常にアンテナを張り巡らせておくことが大切になると思います。

 - news, コラム

adsense336

adsense336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
生活の質(QOL)の密度という考え方

生活の質という概念は、結構一般的ですが、その密度のようなものについては、あまり論 …

no image
認知症が進行すると、変化に対して鈍感になるが・・・

臨床場面では、いろいろな症状の方がおられますが、多くの方が変化に対して鈍感になり …

no image
認知症の診断とサポートを一体化する試み

認知症センター開設 初期対応1度の受診で(河北新報) – Yahoo …

ファイナンシャルプランナーが認知症の親の介護の費用を計算してみた。

「認知症ケアなどを専門とするファイナンシャルプランナーはいないかな。」 と思って …

発想の転換で認知症を成長産業に結びつけることができるか?

とりあえず、目先の問題解決を第一優先として考えたとするとき、日本の国力なんて知っ …

no image
世界の認知症患者、2050年に3倍

衝撃的なニュース。 それは、2050年には、日本人が全員認知症になっても足りない …

初期アルツハイマー病「マウスで記憶復元に成功」 NHKニュース

要するに 倉庫から物がなくなるわけじゃなく どこにしまった変わらなくなる アルツ …

認知症の人を家族から隔離する施設であることだけが目的の施設がある。かもしれない。

ちょっと疑問に思ったので皆さんに提起します。 ズバリ、認知症の施設の中には、明ら …

no image
認知症が増えたのではなく、認知症でも長く生きる世の中になったこと

人間の生存の限界は神のみぞ知ります。 だから、何歳まで生きるかなんて、語ることに …

no image
相模原市の事件について認知症comの中のひとが思ったこと

前提 意外と、犯人にシンパシーを覚えている若い人たちは少なくないということ。 い …