認知症com

安心して認知症のいまをいき、これからをいきるために

*

生活の質(QOL)の密度という考え方

   

生活の質という概念は、結構一般的ですが、その密度のようなものについては、あまり論考されていないように思います。

生活の質が高まったという場合には、大雑把に次の2つの場合があります。

①日常的な問題点が解決され、生活が快適になった

②ハレの日に参加できるようになり、社会的な意味が増大した。

です。

そのどちらもとても大切なのですが、ここで、時間の概念を持ち込んで、生活の質の密度を考えてみたいと思います。

生活の質の密度

つまりこんな感じ

生活の質の密度 = 生活の質 ÷ とある期間(時間)

生活の質の密度が高い生活は、ハッピーな人生。

生活の質の密度が低い人生はただ生きているだけ、生きさせられてるの人生。

です。

これを当てはめて、上記の二つを、一つずつみていきましょう。

①の場合

①を目指すのがこれまでの医療、介護、福祉です。

生活の質が向上すると、生活の密度の絶対量は増えますので、生活の質の密度は確実に増加します。

なので、この手法は極めて有効です。

しかし、これがうまくいかないのが認知症です。

なぜなら、認知症の多くは不可逆的に進行し、進行と共に必要な支援の量が増大し、コスト的な限界が見えてくるからです。

ある程度までの有効性はありますが、時間の経過ともにだんだんと生活の質の密度は低下していきます。

②の場合

②を目指しているのがこれからの医療、介護、福祉です。

というのも、社会参加を積極的に促していくことで、認知症の発症を予防すると同時に、退院後も地域で支えあって生きていけるようにしていく施作(地域包括支援)が国によって積極的に推進されているからです。

当人にとって大きな意味を持つ、ハレの日にその人らしく参加できれば、その日の生活の質は大きく向上することでしょう。

そうすれば、必ずしも、すべての時間で継続的に行わずとも生活の質の密度は向上します。

ただし、時間の経過に伴って、本人の意思でできる活動は減少していくことになりますので、生活の質の密度は減少していきます。

本題:③の場合

あれれ?③なんて聞いてないよ。という皆様。ちょっと待ってください。

上記に書きませんでしたが、生活の質の密度の式をもういちどご覧ください。

生活の質の密度 = 生活の質 ÷ とある期間(時間)

密度を上げるには、生活の質を高める以外に何か方法はないでしょうか…?

 

皆まで言いませんが、そのうち可能になるかもしれません。

入院中に焼肉を食べたり、タバコを吸ったり…

具体的にはそういうやつです。

まとめ

なんでこんな記事を書いたかというと、現状に違和感があるからです。

②の先のプランを用意して、認知症当事者のかたの幸せを狙っていかないと、ただ生きるだけになってしまわないでしょうか。

という提言をしてこの記事は終わりです。

皆様からの忌憚のないご意見を募集しております。

 - コラム, 提言

adsense336

adsense336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
「おかしいな」とおもったら、まよわず認知症の受診をしましょよう

記事の概要1 認知症診断のススメ1.1 インターネットでできる認知症の検査2 病 …

お金さえあれば、認知症は怖くない?!

確かに、お金があれば適切なサービスがいくらでも使えますよね。 逆に言えば、認知症 …

認知症にも影響?600万円が生活水準を大きく分ける

認知症になりやすい人の傾向として、喫煙週間があったり、肥満があったり。 そういう …

みんなが元気になれる社会を目指すのが一番の認知症対策、という話。

認知症にフォーカスする以上に、みんなが元気になれる社会を目指してやってくほうが効 …

敬老の日の銀盃が銀メッキ杯へ

100歳万歳なのですが、そのお祝いムードに影を落としそうな話題です。 なんとも悲 …

認知症ケア先進国スコットランドに学ぶ

認知症の方が暮らしやすい社会を作るためには、さまざまな工夫が必要です。 その工夫 …

超重要!最新脳科学に見る、認知症を改善する関わりとは

良かれと思って投げかける注意や投げかけによる、コミュニケーションのすれ違いが認知 …

no image
あえて考えてみよう。認知症のメリット

以前、「がんになってよかったこと」という記事を読んだことがあり、そのような発想に …

認知症と診断されてから、はじめて自分の人生について考えるのはとても大変。

もしも、認知症と診断されたら、一番大切なことは今後の身の振り方を決めておくことだ …

no image
【介護者・専門職向け】日々、認知症介護の愚痴を言える自分になろう

男性と女性によっても異なるかもしれません。 しかし、介護負担の一番大きなところは …