認知症com

安心して認知症のいまをいき、これからをいきるために

*

認知症が進行すると、変化に対して鈍感になるが・・・

   

臨床場面では、いろいろな症状の方がおられますが、多くの方が変化に対して鈍感になります。

たとえば、室温や気温の変化に対して鈍感になる方が多いです。

なぜでしょうか?

認知症では、脳の機能が傷害されます。

すると、脳が周囲の微細な変化を認識できなくなるのです。

周囲の変化はもちろん、自分自身に関することもわからなくなります。

それがひどくなると、見当識の傷害が起こるようになる印象です。

しかし、人に関することについてはしっかりと変化を認めることができたり、逆に敏感だったりされるようです。

特に表情の変化はよくわかっておられるようで、笑顔や怒り表情などはよく理解されています。

自分が何かをしたことによって、相手が怒れば自分が何か失敗したと感じたり、とにかく相手の言説を否定したりするかもしれません。

逆に、自分の言動によって相手が笑顔になれば、喜びを感じるかもしれません。

 

そうした単純な関わりが認知症のケアにはとても重要なことです。

 - コラム

adsense336

adsense336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

認知症にも影響?600万円が生活水準を大きく分ける

認知症になりやすい人の傾向として、喫煙週間があったり、肥満があったり。 そういう …

no image
おおまかな最新認知症事情あれこれ

認知症について最新の研究でわかってきたこともあり、これまで通りなところもあり。 …

認知症の方々から学んだこと『人生を楽しんでおいたほうが良い』

臨床の現場で、何人もの認知症の方にかかわらせていただく中で、「楽しみが多い人は病 …

no image
相模原市の事件について認知症comの中のひとが思ったこと

前提 意外と、犯人にシンパシーを覚えている若い人たちは少なくないということ。 い …

みんなが元気になれる社会を目指すのが一番の認知症対策、という話。

認知症にフォーカスする以上に、みんなが元気になれる社会を目指してやってくほうが効 …

「いい人生だった」と言えるために

以下の3つを大切にしましょう。 感情豊かに生きる 人生の意味と感情との関係性は大 …

no image
高齢者の困窮問題に思うこと

敬老の日を一つのきっかけとして、各所で高齢者の貧困の問題が取りざたされています。 …

認知症ケア先進国スコットランドに学ぶ

認知症の方が暮らしやすい社会を作るためには、さまざまな工夫が必要です。 その工夫 …

no image
生活の質(QOL)の密度という考え方

生活の質という概念は、結構一般的ですが、その密度のようなものについては、あまり論 …

no image
認知症の人が街中で普通にいる世の中がきっとくる。

タイトルまま。 お疲れさまです。 認知症の人が、街中で徘徊する世の中です。 どう …