認知症com

安心して認知症のいまをいき、これからをいきるために

*

認知症が進行すると、変化に対して鈍感になるが・・・

   

臨床場面では、いろいろな症状の方がおられますが、多くの方が変化に対して鈍感になります。

たとえば、室温や気温の変化に対して鈍感になる方が多いです。

なぜでしょうか?

認知症では、脳の機能が傷害されます。

すると、脳が周囲の微細な変化を認識できなくなるのです。

周囲の変化はもちろん、自分自身に関することもわからなくなります。

それがひどくなると、見当識の傷害が起こるようになる印象です。

しかし、人に関することについてはしっかりと変化を認めることができたり、逆に敏感だったりされるようです。

特に表情の変化はよくわかっておられるようで、笑顔や怒り表情などはよく理解されています。

自分が何かをしたことによって、相手が怒れば自分が何か失敗したと感じたり、とにかく相手の言説を否定したりするかもしれません。

逆に、自分の言動によって相手が笑顔になれば、喜びを感じるかもしれません。

 

そうした単純な関わりが認知症のケアにはとても重要なことです。

 - コラム

adsense336

adsense336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

認知症と診断されてから、はじめて自分の人生について考えるのはとても大変。

もしも、認知症と診断されたら、一番大切なことは今後の身の振り方を決めておくことだ …

認知症の介護に向いてる人を図解する

「なんしぃねぇえぇええ!!」 と逆ギレされることもある、認知症の方との関わり。 …

認知症の方をケアする仕事をする現場のマネジメントが不十分な件

「お兄さんは、私の息子と会ったことが会ったかねえ」   今日、とある淑 …

no image
認知症のケアでよくあるケガについて

認知症の方をケアする時に、自他共に、時々事故でケガすることがありました。 これら …

no image
気兼ねのない介助ってなんだろう。どうしたらいいだろう。

認知症に限らずではありますが、人に何かをお願いすることは気兼ねするものですね。 …

no image
認知症が増えたのではなく、認知症でも長く生きる世の中になったこと

人間の生存の限界は神のみぞ知ります。 だから、何歳まで生きるかなんて、語ることに …

no image
相模原市の事件について認知症comの中のひとが思ったこと

前提 意外と、犯人にシンパシーを覚えている若い人たちは少なくないということ。 い …

お金さえあれば、認知症は怖くない?!

確かに、お金があれば適切なサービスがいくらでも使えますよね。 逆に言えば、認知症 …

no image
相手が違和感を感じないコミュニケーションが基本

認知症の方のBPSDを軽減する関わりには、相手に合わせることが必要です。 つまり …

認知症ケア先進国スコットランドに学ぶ

認知症の方が暮らしやすい社会を作るためには、さまざまな工夫が必要です。 その工夫 …