認知症com

安心して認知症のいまをいき、これからをいきるために

*

認知症における「子供や家族に迷惑をかけたくない」はやめるべき- できるできない問題

   

ちょっと小難しい話かもしれませんが、大切なお話です。

あくまで、個人的な体験談ですが、世話好きだったりなんでも自分でやってしまう人の方が、認知症になってからつらい思いをされることが多いようです。

というのも、認知症になると今までできていたことができなくなるので、「出来る私」というアイデンティティー(自己同一性)がどんどん傷つけられて非常につらい思いをされるようだからです。

家族間の関係に限定すると、この問題は半数程度の方に見られるようです。

しかし、認知症になると、できないことが増えるのはあたりまえです。

出来ることをできるだけ行うことが大切ですが、できないことができるようになることは、環境面の調整などの手法を用いないと難しいです。

この部分に関しては、本来専門家が積極的に助言や介入を早期から行って解決するべき領域と言えますが、現在の地域包括支援ではその支援が必要な家族に対してそのような関わりが十分に行えているとは言えません。

今後も、認知症となる方がますます増えていくにあたって、公的支援のみでこの問題にあたるのは、あまり得策ではないと考えます。

 

この問題の根っこにあるのは、やはり本当の意味での認知症という病いに対する理解ができていないことによると思います。

認知症の方が「できる」というのはどういうことなのかをより多くの人に知ってもらう必要があると考えます。

 

このことに関する、詳しい情報を書いたページを後日更新予定ですので是非ご覧ください。

最後に、ページのタイトルの件ですが、認知症に限らず、歳をとるというのはある程度以上になるとできないことの方が増えていきます。

それを迷惑と捉えるのではなく、できないことが増えた分できることを誰かと一緒に考えて、それで自分が誰かの役に立てるような道を模索しててほしいなあと思います。

タイトルの考え方を突き進めると「早く死んだ方がいい」ということになりますから。

453d7a5ca290114278d5c6151abb50a3_s

よくよく家族の方とお互いの思いを交換されてみてはいかがでしょうか。

 - できるできない問題, 介護者, 親族・家族, 認知症ケア, 認知症当事者

adsense336

adsense336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

認知症の介護で大切なコトは「いつでも微笑みを」

認知症になっても、一番最後まで残っている能力のと言われるのが、対人認知。 たとえ …

認知症の方をケアする仕事をする現場のマネジメントが不十分な件

「お兄さんは、私の息子と会ったことが会ったかねえ」   今日、とある淑 …

no image
見当識障害とは?毎回はじめましてなおじいちゃん

どうもこんにちは。 今日のお話は、中等度認知症の方を日常的にケア・サポートする方 …

「私帰ろうと思う」という帰宅欲求にどう対応しますか?

ここが家なのに「家に帰りたい」という。 帰宅欲求はかなり大変なんです。 なぜなら …

no image
介護福祉士はじめ、認知症介護の現場で日常的に虐待が起こる理由

そりゃもう、ストレスがたまるからですね。 プロにあるまじき最悪の理由ですけれども …

ケアに疲れたら、必ずいったん距離をとる

心にゆとりがないと、良いケアは出来ません。 当たり前のことですが、日々の生活に追 …

超重要!最新脳科学に見る、認知症を改善する関わりとは

良かれと思って投げかける注意や投げかけによる、コミュニケーションのすれ違いが認知 …

no image
【介護者・専門職向け】日々、認知症介護の愚痴を言える自分になろう

男性と女性によっても異なるかもしれません。 しかし、介護負担の一番大きなところは …

認知症の治療・ケアにおいて、一番大切なのは家族の支援力

一緒に暮らしている家族が、一番認知症の方を支えることができるポテンシャルを秘めて …

認知症の介護に向いてる人を図解する

「なんしぃねぇえぇええ!!」 と逆ギレされることもある、認知症の方との関わり。 …