認知症com

安心して認知症のいまをいき、これからをいきるために

*

あえて考えてみよう。認知症のメリット

   

以前、「がんになってよかったこと」という記事を読んだことがあり、そのような発想に衝撃を受けました。

がんになってよかったと思えるなんて、なんと強い精神力の持ち主なんだろうと、訝る気持ちさえありました。

しかし、そうやって自分を奮い立たせることも大切だと最近思います。そこで認知症のメリットについて考えてみることにしました。

 

毎日が新鮮な気持ちで過ごせるかもしれない

どんな体験も新しい体験として、映る可能性を秘めています。

覚えられることが少ないということは、逆にいえば余計なことは覚えずに、自分にとって大切なことだけ覚えていられるようになるということです。これは、多くの宗教家が目指す一つの境地と言えるかもしれません。

時間の捉え方が変わる

予定に追われてあくせくと過ごす生活に終わりを告げて、一瞬一瞬の感じ方を大切にする生き方が出来るようになるかもしれません。

また、過去にとらわれずに自由な発想で、未来を決めることができるようになるかもしれません。

自分の気持ちに素直になれる

損得勘定を超えて、自分の思いに素直に行動することができるようになります。

人と関わる機会が増える

いろんな人と関わることで、今までにない刺激を受けることができるかもしれません。

もしくは、自分が相手にしてあげられる何かがみつかるかもしれません。

社会とのつながりが持てるきっかけ

認知症の方が社会で過ごすという取り組みは、始まったばかりとはいえ、着実に国や自治体からの後押しがあります。

こうした取り組みを積極的に利用することで、これまで社交的でなかった人も、いろいろな場所で活躍するためのきっかけをつかむことができるカモしれません。

自分らしさを見つめ直す機会

自分は何を大切に思って生きてきたのか、どんなことが楽しいと思うのかなど、自分自信というものを見つめ直す重要な機会だと思います。

他者にとっての自分自身の価値がわかる

認知症になってしまっても、自分に関わってくれる人というのは、自分のことを決して悪く思っていることはないでしょう。

むしろ、親しく思ってくれているはずです。

そういう人が、自分になん人くらいいるのかがわかります。

人生の総決算とも言えるかもしれません。

まとめ

認知症も見方を変えれば、もっと楽しめるかもしれないですね。

皆様からのご意見も募集しております。

 - コラム

adsense336

adsense336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
認知症の人とは笑顔で一緒にいるのが一番のケア

日々認知症となった方々と接する中で一つ確信することがあります。 それは、認知症と …

スマホやネットで10代の人も認知症に?恐るべき、”デジタル認知症”の実態とは?

「認知症になるのは、おじいちゃんおばあちゃんだけでしょ?」 「二十代の自分には関 …

no image
おおまかな最新認知症事情あれこれ

認知症について最新の研究でわかってきたこともあり、これまで通りなところもあり。 …

no image
日本で子供を作るのは罪だと思う – はてな匿名ダイアリー を読んでなんて的外れな意見だろうと思う。

http://anond.hatelabo.jp/20160927071136 …

no image
相手が違和感を感じないコミュニケーションが基本

認知症の方のBPSDを軽減する関わりには、相手に合わせることが必要です。 つまり …

自分の家で「私は家に帰ります!」と訴える認知症の方

病院であっても、「家に帰ります」という言葉がそのまま受け取ってよいものかどうかは …

認知症の介護に向いてる人を図解する

「なんしぃねぇえぇええ!!」 と逆ギレされることもある、認知症の方との関わり。 …

no image
認知症の人が街中で普通にいる世の中がきっとくる。

タイトルまま。 お疲れさまです。 認知症の人が、街中で徘徊する世の中です。 どう …

認知症の恐ろしさは、想いに裏切られること

認知症になっても幸せに過ごせる人と、そうでない人の違いは、頑張りすぎるかどうかに …

認知症進行予防の対策としては、実は効果の薄いかも知れない計算ドリル

計算ドリルの反復によって計算が早くなる可能性があります。 認知症の人でも同様に、 …