認知症com

安心して認知症のいまをいき、これからをいきるために

*

もっと掘り下げてプロにできない、家族にしかできないこと

   

以前こんな記事を書いたのですが、より深めてみました。

認知症のプロだからできること。プロだからできないこと。

基本は、タイムリーにそばで、一緒の時間を刻めること。

その1 細かな記録

プロは、何人もの対象者の肩を平等かつ並列にみる必要があります。担当の数が、1〜5人までならなんとか、細かな記録を書き残すこともできるかもしれません。

しかし、現実的には、もっと多くの方を対象としているだけでなく、他の業務も並行して行うことになります。

具体的なエピソードを記述することは困難を極めます。

それができるのが、プロ中のプロですが、もちろん少ないです。

その2 ゆっくりとお茶をする、は無理

一緒にご飯を食べることもできません。

同じ釜の飯を食べることはできません。

一緒におやつを食べてほっこりすることもありません。

その3 個人に対して特別な愛着はNG

プロは「みんなが愛しい」は許されても「その人が愛しい」は許されません。

その二つはやはり別物です。

そして、対象者の方にもそれは伝わっています。

プロにも、全員を広く深く愛せる人もいます。

それは個人の資質によるところが大きいのかな、と思います。

その4 これまでの人生や生き方

とても重要です。

認知症という病気が邪魔をして見えにくくなっているその人らしさを一番よく知っているのは、一番長く同じ時間、空間を共有してきた家族です。

プロは知ろうと努力しますが、所詮その人らしさの深みに達するのは素人の域を出ません。

と思いながら、普段仕事をしています。

その5 最優先の次

例えば、病院やデイケアなどの施設では、個々人の最優先課題をプロが見極め、そこに資源を集中します。

裏を返せば、二の次の課題に関しては関わる時間がありません。

家族の方がそう言った関わりはしやすいです。

その6 一緒に過ごすことの意味性

知っている人と、知っている場所で、安心して暮らすことができること。

その意味はいうまでもありません。

その7 未来

真剣に向き合うことで、家族にしか見えないつながりのようなものが浮かび上がってきます。

それは、将来の自分を見通すことにもつながっていきます。

まとめ

間違っていても、そのひとのためという心があれば、それでいいのだと思います。

同時に積極的に、他の人の意見や、プロに対する相談を上手に行って、よりよく磨き上げていけば、なお良いのだと思います。

 - できるできない問題, 提言, 検討, 臨床, 親族・家族, 認知症ケア

adsense336

adsense336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
生活の質(QOL)の密度という考え方

生活の質という概念は、結構一般的ですが、その密度のようなものについては、あまり論 …

認知症の介護に向いてる人を図解する

「なんしぃねぇえぇええ!!」 と逆ギレされることもある、認知症の方との関わり。 …

是非「何がしてみたい?」と聞いてみて!

記事の概要1 なぜ「何がしてみたい?」が大切か1.1 その人のことがわかる1.2 …

ファイナンシャルプランナーが認知症の親の介護の費用を計算してみた。

「認知症ケアなどを専門とするファイナンシャルプランナーはいないかな。」 と思って …

ユマニチュード〜認知症当事者に寄り添うための技術

基本は、敬意を行動にして表すこと。 相手の認知を尊重すること。 ユマニチュードの …

認知症の治療・ケアにおいて、一番大切なのは家族の支援力

一緒に暮らしている家族が、一番認知症の方を支えることができるポテンシャルを秘めて …

薬を服用することで見られる「怒りっぽさ」は実は、副作用ではない説

認知症の治療において、薬物療法は非常に重要です。 認知症の治療薬は、精神活動を賦 …

認知症と検索すると明らかに怪しい商品のセールスが上位に出てくる現状に対する苦言

twitterやgoogleで認知症と検索すると、明らかにセールス目的なアカウン …

認知症にも影響?600万円が生活水準を大きく分ける

認知症になりやすい人の傾向として、喫煙週間があったり、肥満があったり。 そういう …

no image
このサイトの当面のメインコンテンツについて

検討した結果、認知症.comでは当面以下のコンテンツに注力していく予定です。 & …