認知症com

安心して認知症のいまをいき、これからをいきるために

*

認知症の介護で大切なコトは「いつでも微笑みを」

   

認知症になっても、一番最後まで残っている能力のと言われるのが、対人認知。

たとえ、その人が誰かがわからなくなったとしても、その人がどのように感じているのか、どんな感情で接しているのかは表情を通してよく理解されています。

また、常日頃よりそのように思って接するべきだと思っています。

そう考えると大切なのは、

いつも笑顔で、明るく優しい、対応や声かけをすること

に尽きると思います。

04441ec7aa258602ba6ba5a15ba9cdec_s

意識一つでできることです。

もしもそれが難しいのであれば、少し距離をとって見ることが必要かもしれません。

 - 介護, 介護者, 臨床, 親族・家族, 認知症ケア

adsense336

adsense336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
【介護者・専門職向け】日々、認知症介護の愚痴を言える自分になろう

男性と女性によっても異なるかもしれません。 しかし、介護負担の一番大きなところは …

認知症の介護に向いてる人を図解する

「なんしぃねぇえぇええ!!」 と逆ギレされることもある、認知症の方との関わり。 …

超重要!最新脳科学に見る、認知症を改善する関わりとは

良かれと思って投げかける注意や投げかけによる、コミュニケーションのすれ違いが認知 …

no image
見当識障害とは?毎回はじめましてなおじいちゃん

どうもこんにちは。 今日のお話は、中等度認知症の方を日常的にケア・サポートする方 …

「私帰ろうと思う」という帰宅欲求にどう対応しますか?

ここが家なのに「家に帰りたい」という。 帰宅欲求はかなり大変なんです。 なぜなら …

施設において「理想の認知症ケア」なぜ実現できないか

内緒の業界ぶっちゃけ話です。 家族やご本人様向けの記事になったような気がします。 …

【記事紹介】「軽度斬り」と40歳以下からの保険料徴収案も浮上 – BLOGOS

予想していたこととはいえ、やはり衝撃的な内容に関する記事でしたので、補足を加えた …

no image
介護福祉士はじめ、認知症介護の現場で日常的に虐待が起こる理由

そりゃもう、ストレスがたまるからですね。 プロにあるまじき最悪の理由ですけれども …

帰宅要求の分類を考える

自分の経験から帰宅要求を考えてみます。 記事の概要1 前提2 帰宅要求が聞かれる …

認知症の治療・ケアにおいて、一番大切なのは家族の支援力

一緒に暮らしている家族が、一番認知症の方を支えることができるポテンシャルを秘めて …