認知症com

安心して認知症のいまをいき、これからをいきるために

*

認知症の介護で大切なコトは「いつでも微笑みを」

   

認知症になっても、一番最後まで残っている能力のと言われるのが、対人認知。

たとえ、その人が誰かがわからなくなったとしても、その人がどのように感じているのか、どんな感情で接しているのかは表情を通してよく理解されています。

また、常日頃よりそのように思って接するべきだと思っています。

そう考えると大切なのは、

いつも笑顔で、明るく優しい、対応や声かけをすること

に尽きると思います。

04441ec7aa258602ba6ba5a15ba9cdec_s

意識一つでできることです。

もしもそれが難しいのであれば、少し距離をとって見ることが必要かもしれません。

 - 介護, 介護者, 臨床, 親族・家族, 認知症ケア

adsense336

adsense336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
介護福祉士はじめ、認知症介護の現場で日常的に虐待が起こる理由

そりゃもう、ストレスがたまるからですね。 プロにあるまじき最悪の理由ですけれども …

ユマニチュード〜認知症当事者に寄り添うための技術

基本は、敬意を行動にして表すこと。 相手の認知を尊重すること。 ユマニチュードの …

認知症の方の言動を理解するには

認知症の方の言動には、一見了解できないものがたくさんあります。 それを理解するた …

介護業界の介護事業者の年間倒産件数が過去最多に

介護事業所の倒産件数が過去最大になったというニュースがNHKでされました。 それ …

ファイナンシャルプランナーが認知症の親の介護の費用を計算してみた。

「認知症ケアなどを専門とするファイナンシャルプランナーはいないかな。」 と思って …

【記事紹介】「軽度斬り」と40歳以下からの保険料徴収案も浮上 – BLOGOS

予想していたこととはいえ、やはり衝撃的な内容に関する記事でしたので、補足を加えた …

no image
【介護者・専門職向け】日々、認知症介護の愚痴を言える自分になろう

男性と女性によっても異なるかもしれません。 しかし、介護負担の一番大きなところは …

ケアに疲れたら、必ずいったん距離をとる

心にゆとりがないと、良いケアは出来ません。 当たり前のことですが、日々の生活に追 …

もっと掘り下げてプロにできない、家族にしかできないこと

以前こんな記事を書いたのですが、より深めてみました。 認知症のプロだからできるこ …

認知症の介護に向いてる人を図解する

「なんしぃねぇえぇええ!!」 と逆ギレされることもある、認知症の方との関わり。 …