認知症com

安心して認知症のいまをいき、これからをいきるために

*

新しい朝がきました。今日も自己紹介から始めます。

   

出勤の時間が近づいています。

手短に。

今日も、たくさんの「初めまして」が待っています。

8bd563ac88be3d8660e24f3efe3c0076_s

認知症の方にとって、自分は初めて出会う相手です。

なんども顔を合わせている人に対しても、まずは「自己紹介」から始めます。

状況に関する混乱が、強まらないように、細心の注意を払いながらコミュニケーションを図っていきます。

忘れがちですが、毎日「自己紹介する」っていうのは、かなり重要だと思います。

では行ってまいります。

 - 提言

adsense336

adsense336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

帰宅要求の分類を考える

自分の経験から帰宅要求を考えてみます。 記事の概要1 前提2 帰宅要求が聞かれる …

no image
生活の質(QOL)の密度という考え方

生活の質という概念は、結構一般的ですが、その密度のようなものについては、あまり論 …

もっと掘り下げてプロにできない、家族にしかできないこと

以前こんな記事を書いたのですが、より深めてみました。 認知症のプロだからできるこ …

認知症にも影響?600万円が生活水準を大きく分ける

認知症になりやすい人の傾向として、喫煙週間があったり、肥満があったり。 そういう …

ケアに疲れたら、必ずいったん距離をとる

心にゆとりがないと、良いケアは出来ません。 当たり前のことですが、日々の生活に追 …

認知症と検索すると明らかに怪しい商品のセールスが上位に出てくる現状に対する苦言

twitterやgoogleで認知症と検索すると、明らかにセールス目的なアカウン …

みんなが元気になれる社会を目指すのが一番の認知症対策、という話。

認知症にフォーカスする以上に、みんなが元気になれる社会を目指してやってくほうが効 …

初期認知症の方の思いの一例「頼まれれば何でもできる」

知症プロジェクトで、紹介されていた初期認知症の方の思いです。 記事の概要1 「楽 …

認知症のプロだからできること。プロだからできないこと。

プロだからできることがあります。 プロは知識を持っています。 経験もたくさんして …

no image
【介護者・専門職向け】日々、認知症介護の愚痴を言える自分になろう

男性と女性によっても異なるかもしれません。 しかし、介護負担の一番大きなところは …