認知症com

安心して認知症のいまをいき、これからをいきるために

*

認知症のプロだからできること。プロだからできないこと。

   

プロだからできることがあります。

プロは知識を持っています。

経験もたくさんしています。

たくさんの情報から、問題に対する答えを素早く提案する能力に長けています。

93f6b6e56b8c64176cc89da6f13328c3_s

一方で、できないこともたくさんあります。

家族や、本人にしかできないことがたくさんあるのです。

例えば、一つは、時間的制約。

施設で働くプロフェッショナルの場合には、一人の人にじっくりと、時間をかけて対応することができません。

それから、家族の方と距離感が違います。

もちろん、言葉の重みも違います。同じような関わりでも本人さんにとって、全くことなる意味を持つことがあります。

プロが行う関わりを見て、落ち込む家族の方もおられるかもしれませんが、それは間違っています。

どちらも、必要で、誇るべきだと考えます。

まとめ

大切なのは、お互いが連携して、互いにしかできないことをしっかり行えることだと思います。

まずは、遠慮のないコミュニケーションが取れることが大切です。

 

 - 介護, 提言, 臨床

adsense336

adsense336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
生活の質(QOL)の密度という考え方

生活の質という概念は、結構一般的ですが、その密度のようなものについては、あまり論 …

認知症と検索すると明らかに怪しい商品のセールスが上位に出てくる現状に対する苦言

twitterやgoogleで認知症と検索すると、明らかにセールス目的なアカウン …

是非「何がしてみたい?」と聞いてみて!

記事の概要1 なぜ「何がしてみたい?」が大切か1.1 その人のことがわかる1.2 …

認知症の方々から学んだこと『人生を楽しんでおいたほうが良い』

臨床の現場で、何人もの認知症の方にかかわらせていただく中で、「楽しみが多い人は病 …

超重要!最新脳科学に見る、認知症を改善する関わりとは

良かれと思って投げかける注意や投げかけによる、コミュニケーションのすれ違いが認知 …

みんなが元気になれる社会を目指すのが一番の認知症対策、という話。

認知症にフォーカスする以上に、みんなが元気になれる社会を目指してやってくほうが効 …

もっと掘り下げてプロにできない、家族にしかできないこと

以前こんな記事を書いたのですが、より深めてみました。 認知症のプロだからできるこ …

熊本地震であらわになった認知症ケアの環境面での前提と脆さ

今の社会構造でないと認知症ケアは成立しないことが改めて浮き彫りになりました。 と …

認知症の方をケアする仕事をする現場のマネジメントが不十分な件

「お兄さんは、私の息子と会ったことが会ったかねえ」   今日、とある淑 …

認知症にも影響?600万円が生活水準を大きく分ける

認知症になりやすい人の傾向として、喫煙週間があったり、肥満があったり。 そういう …