認知症com

安心して認知症のいまをいき、これからをいきるために

*

ケアに疲れたら、必ずいったん距離をとる

   

心にゆとりがないと、良いケアは出来ません。

当たり前のことですが、日々の生活に追われるとなかなか、距離をとることすら難しくなります。

そうした時に、ふとその人の関わりから離れることができるのは、かなり大切です。

訴えが頻回な70代男性の例

ケア全般に対して抵抗があり、関わりのすべてに対して拒否的、否定的です。

「嫌いよ〜」

「どっかいけえ〜」

とくり返し、時には暴力が出ることもあります。

85be7d97baf3e0599a91c51ccbfeef83_s

一方で、生活全般に介助が必要で、更衣や排泄などは本人だけで行うことが出来ません。

離れる=客観視

このような方への対応は非常にストレスを感じることもあります。

病気やそれに伴う不安によって生じているBPSDと理解しているつもりでも、なかなか気持ちを切り替えて対応することは難しいです。

私は、そういう時は一度距離をとってから、他の人とその人の関わりを見るようにしています。

それによって自分自身とその方との関わりについて客観的に見直すことができます。

それによって、より良い関わりができるようになるはずです。

距離をとるというのは、決してその人のことを避けるとか、その人から逃げるということではありません。

自分が、できることやするべきことは何なのかという、本来ケアを提供する側が考えなければならないことについて、冷静に考えることができます。

このことがとても大切なのです。

在宅のケアでも同じ

介護保険のサービスを使うなどして、常にその方と関わり続けることを回避するべきです。

そうすることによって、気持ちも関わりもリセットして、お互いにとってよりよい関係を模索するためのゆとりが生まれるのです。

イライラするのも当たり前

「人間だもの」です。

イライラするということは、自分自身が生きているということの証だと思います。

その代わり、それをなるべく認知症の方にぶつけないように巧く発散していくことが大切なのだと思います。

 

 

 - 介護, 提言, 臨床, 親族・家族, 認知症ケア

adsense336

adsense336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

認知症のプロだからできること。プロだからできないこと。

プロだからできることがあります。 プロは知識を持っています。 経験もたくさんして …

超重要!最新脳科学に見る、認知症を改善する関わりとは

良かれと思って投げかける注意や投げかけによる、コミュニケーションのすれ違いが認知 …

no image
「おかしいな」とおもったら、まよわず認知症の受診をしましょよう

記事の概要1 認知症診断のススメ1.1 インターネットでできる認知症の検査2 病 …

みんなが元気になれる社会を目指すのが一番の認知症対策、という話。

認知症にフォーカスする以上に、みんなが元気になれる社会を目指してやってくほうが効 …

施設において「理想の認知症ケア」なぜ実現できないか

内緒の業界ぶっちゃけ話です。 家族やご本人様向けの記事になったような気がします。 …

no image
気兼ねのない介助ってなんだろう。どうしたらいいだろう。

認知症に限らずではありますが、人に何かをお願いすることは気兼ねするものですね。 …

新しい朝がきました。今日も自己紹介から始めます。

出勤の時間が近づいています。 手短に。 今日も、たくさんの「初めまして」が待って …

認知症の介護で大切なコトは「いつでも微笑みを」

認知症になっても、一番最後まで残っている能力のと言われるのが、対人認知。 たとえ …

no image
【介護者・専門職向け】日々、認知症介護の愚痴を言える自分になろう

男性と女性によっても異なるかもしれません。 しかし、介護負担の一番大きなところは …

no image
生活の質(QOL)の密度という考え方

生活の質という概念は、結構一般的ですが、その密度のようなものについては、あまり論 …