認知症com

安心して認知症のいまをいき、これからをいきるために

*

認知症の方の言動を理解するには

   

認知症の方の言動には、一見了解できないものがたくさんあります。

それを理解するためにポイントと想うことを書きます。

d822bc02812bed465db6fd9941143b8e_s

診断を受ける

一口に認知症と言ってもその種類は様々です。

アルツハイマー型認知症、血管性認知症、レビー小体型…などなど

病理によって、出てくる症状は異なります。

まずは、どんな症状が見られるのかということを整理するためには、医師の診断を受けておくことがとても大切です。

あるがままを書き留める

事実を文章にして、一旦距離を置きます。

そうすることによって、自分の感情をいったん置いておいて、冷静に考えやすくなります。

また、他の人に相談するときの強力なツールになります。

知識を得る

認知症になると、合理的だったり計画的な言動をとることが難しくなります。

それは、認知症が脳の病いだからです。

知識を得ることによって、認知症が脳の病いであることを認識し、ケアを行う側がとるべき言動はどのようなものかと考える上で非常に役に立ちます。

本人に尋ねる

どうしてそのような言動をとるのかを、尋ねます。

叱責するのではなく、尋ねるのがポイントです。

介護やケアを行う自分自身が冷静でなければ、うまくいきません。

まずは、冷静であるかどうか、自分自身の心の動きを見極めてから、そっと尋ねてみましょう。

思わぬ形で、相手のことが理解できるかもしれません。

経験者に相談する

例えば、家族会など、当事者の集まりで相談しましょう。

たとえ、解決方法が得られなくても、自分の気持ちが整理できて、より良い関わりに繋がり、そのことが結果として認知症の方の言動の理解につながるかもしれません。

まとめ

認知症の方を理解するには、共感と客観の絶妙な距離感が大切になります。

自分自身の人間的成長を促してくれること請け合いですが、無理は禁物です。

焦らず、のんびり、と自分に言い聞かせて取り組んでみていただきたいと思います。

 - 介護, 介護者, 親族・家族, 認知症ケア

adsense336

adsense336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
見当識障害とは?毎回はじめましてなおじいちゃん

どうもこんにちは。 今日のお話は、中等度認知症の方を日常的にケア・サポートする方 …

超重要!最新脳科学に見る、認知症を改善する関わりとは

良かれと思って投げかける注意や投げかけによる、コミュニケーションのすれ違いが認知 …

認知症の介護に向いてる人を図解する

「なんしぃねぇえぇええ!!」 と逆ギレされることもある、認知症の方との関わり。 …

熊本地震であらわになった認知症ケアの環境面での前提と脆さ

今の社会構造でないと認知症ケアは成立しないことが改めて浮き彫りになりました。 と …

認知症のプロだからできること。プロだからできないこと。

プロだからできることがあります。 プロは知識を持っています。 経験もたくさんして …

no image
介護福祉士はじめ、認知症介護の現場で日常的に虐待が起こる理由

そりゃもう、ストレスがたまるからですね。 プロにあるまじき最悪の理由ですけれども …

ケアに疲れたら、必ずいったん距離をとる

心にゆとりがないと、良いケアは出来ません。 当たり前のことですが、日々の生活に追 …

是非「何がしてみたい?」と聞いてみて!

記事の概要1 なぜ「何がしてみたい?」が大切か1.1 その人のことがわかる1.2 …

認知症の介護で大切なコトは「いつでも微笑みを」

認知症になっても、一番最後まで残っている能力のと言われるのが、対人認知。 たとえ …

帰宅要求の分類を考える

自分の経験から帰宅要求を考えてみます。 記事の概要1 前提2 帰宅要求が聞かれる …