認知症com

安心して認知症のいまをいき、これからをいきるために

*

認知症の治療・ケアにおいて、一番大切なのは家族の支援力

   

一緒に暮らしている家族が、一番認知症の方を支えることができるポテンシャルを秘めています。

逆に、症状を進行させるリスクも秘めています。

家族の方が、認知症の方の適切な支援方法を取れれば、正のスパイラルに乗っかって、認知症のBPSDは驚くほど改善します。

d8f327c8dcd8800ea9c80b0554541983_s

支援力を高めるためには、専門家や経験者に相談したり、愚痴を言ったりすることが大切です。

とにかくストレスが、本人に向かわないように気をつけましょう。

BPSDに対する正しい理解と支援が欠かせないので、その辺りも意識してみる必要があると思います。

 - 介護, 介護者, 提言, 臨床, 親族・家族, 認知症ケア

adsense336

adsense336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

介護業界の介護事業者の年間倒産件数が過去最多に

介護事業所の倒産件数が過去最大になったというニュースがNHKでされました。 それ …

【記事紹介】「軽度斬り」と40歳以下からの保険料徴収案も浮上 – BLOGOS

予想していたこととはいえ、やはり衝撃的な内容に関する記事でしたので、補足を加えた …

no image
認知症の介護の問題は、「誰が介護の負担をするか」に尽きる

認知症 という言葉自体は、 誰もが知っている言葉になりました。   し …

no image
見当識障害とは?毎回はじめましてなおじいちゃん

どうもこんにちは。 今日のお話は、中等度認知症の方を日常的にケア・サポートする方 …

みんなが元気になれる社会を目指すのが一番の認知症対策、という話。

認知症にフォーカスする以上に、みんなが元気になれる社会を目指してやってくほうが効 …

ファイナンシャルプランナーが認知症の親の介護の費用を計算してみた。

「認知症ケアなどを専門とするファイナンシャルプランナーはいないかな。」 と思って …

no image
生活の質(QOL)の密度という考え方

生活の質という概念は、結構一般的ですが、その密度のようなものについては、あまり論 …

no image
介護福祉士はじめ、認知症介護の現場で日常的に虐待が起こる理由

そりゃもう、ストレスがたまるからですね。 プロにあるまじき最悪の理由ですけれども …

もっと掘り下げてプロにできない、家族にしかできないこと

以前こんな記事を書いたのですが、より深めてみました。 認知症のプロだからできるこ …

認知症の方をケアする仕事をする現場のマネジメントが不十分な件

「お兄さんは、私の息子と会ったことが会ったかねえ」   今日、とある淑 …