認知症com

安心して認知症のいまをいき、これからをいきるために

*

認知症の治療・ケアにおいて、一番大切なのは家族の支援力

   

一緒に暮らしている家族が、一番認知症の方を支えることができるポテンシャルを秘めています。

逆に、症状を進行させるリスクも秘めています。

家族の方が、認知症の方の適切な支援方法を取れれば、正のスパイラルに乗っかって、認知症のBPSDは驚くほど改善します。

d8f327c8dcd8800ea9c80b0554541983_s

支援力を高めるためには、専門家や経験者に相談したり、愚痴を言ったりすることが大切です。

とにかくストレスが、本人に向かわないように気をつけましょう。

BPSDに対する正しい理解と支援が欠かせないので、その辺りも意識してみる必要があると思います。

 - 介護, 介護者, 提言, 臨床, 親族・家族, 認知症ケア

adsense336

adsense336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

認知症のプロだからできること。プロだからできないこと。

プロだからできることがあります。 プロは知識を持っています。 経験もたくさんして …

ケアに疲れたら、必ずいったん距離をとる

心にゆとりがないと、良いケアは出来ません。 当たり前のことですが、日々の生活に追 …

no image
認知症の介護の問題は、「誰が介護の負担をするか」に尽きる

認知症 という言葉自体は、 誰もが知っている言葉になりました。   し …

認知症における「子供や家族に迷惑をかけたくない」はやめるべき- できるできない問題

ちょっと小難しい話かもしれませんが、大切なお話です。 あくまで、個人的な体験談で …

超重要!最新脳科学に見る、認知症を改善する関わりとは

良かれと思って投げかける注意や投げかけによる、コミュニケーションのすれ違いが認知 …

【記事紹介】「軽度斬り」と40歳以下からの保険料徴収案も浮上 – BLOGOS

予想していたこととはいえ、やはり衝撃的な内容に関する記事でしたので、補足を加えた …

「私帰ろうと思う」という帰宅欲求にどう対応しますか?

ここが家なのに「家に帰りたい」という。 帰宅欲求はかなり大変なんです。 なぜなら …

熊本地震であらわになった認知症ケアの環境面での前提と脆さ

今の社会構造でないと認知症ケアは成立しないことが改めて浮き彫りになりました。 と …

no image
【介護者・専門職向け】日々、認知症介護の愚痴を言える自分になろう

男性と女性によっても異なるかもしれません。 しかし、介護負担の一番大きなところは …

もっと掘り下げてプロにできない、家族にしかできないこと

以前こんな記事を書いたのですが、より深めてみました。 認知症のプロだからできるこ …