認知症com

安心して認知症のいまをいき、これからをいきるために

*

認知症の治療・ケアにおいて、一番大切なのは家族の支援力

   

一緒に暮らしている家族が、一番認知症の方を支えることができるポテンシャルを秘めています。

逆に、症状を進行させるリスクも秘めています。

家族の方が、認知症の方の適切な支援方法を取れれば、正のスパイラルに乗っかって、認知症のBPSDは驚くほど改善します。

d8f327c8dcd8800ea9c80b0554541983_s

支援力を高めるためには、専門家や経験者に相談したり、愚痴を言ったりすることが大切です。

とにかくストレスが、本人に向かわないように気をつけましょう。

BPSDに対する正しい理解と支援が欠かせないので、その辺りも意識してみる必要があると思います。

 - 介護, 介護者, 提言, 臨床, 親族・家族, 認知症ケア

adsense336

adsense336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

認知症のプロだからできること。プロだからできないこと。

プロだからできることがあります。 プロは知識を持っています。 経験もたくさんして …

no image
【介護者・専門職向け】日々、認知症介護の愚痴を言える自分になろう

男性と女性によっても異なるかもしれません。 しかし、介護負担の一番大きなところは …

認知症の介護に向いてる人を図解する

「なんしぃねぇえぇええ!!」 と逆ギレされることもある、認知症の方との関わり。 …

no image
介護福祉士はじめ、認知症介護の現場で日常的に虐待が起こる理由

そりゃもう、ストレスがたまるからですね。 プロにあるまじき最悪の理由ですけれども …

ケアに疲れたら、必ずいったん距離をとる

心にゆとりがないと、良いケアは出来ません。 当たり前のことですが、日々の生活に追 …

是非「何がしてみたい?」と聞いてみて!

記事の概要1 なぜ「何がしてみたい?」が大切か1.1 その人のことがわかる1.2 …

新しい朝がきました。今日も自己紹介から始めます。

出勤の時間が近づいています。 手短に。 今日も、たくさんの「初めまして」が待って …

ユマニチュード〜認知症当事者に寄り添うための技術

基本は、敬意を行動にして表すこと。 相手の認知を尊重すること。 ユマニチュードの …

認知症の介護で大切なコトは「いつでも微笑みを」

認知症になっても、一番最後まで残っている能力のと言われるのが、対人認知。 たとえ …

超重要!最新脳科学に見る、認知症を改善する関わりとは

良かれと思って投げかける注意や投げかけによる、コミュニケーションのすれ違いが認知 …