認知症com

安心して認知症のいまをいき、これからをいきるために

*

「私帰ろうと思う」という帰宅欲求にどう対応しますか?

      2016/02/07

ここが家なのに「家に帰りたい」という。

帰宅欲求はかなり大変なんです。

なぜなら、普通の対応をすればするほど泥沼だからです。

お勧めしない対応

  • 「あなたの家はここですよ」と説明する
  • 力ずくで引き止める

これらの対応は、怒りや混乱を引き起こし、BPSDを強める可能性があります。

行動の背景

  • 見当識障害
  • 記憶障害

中核症状が背景であり、訂正困難です。

周囲の人の言動によって不安感を減少させることが大切です。

望ましい対応

「今日は、泊まっていってください」と言ってみる

「用事がある」と言われたら、「うちも人手が足りないから」と無理をお願いする。

それでも帰ると言い張ったら、こっそり後ろからついていく。

迷子になって困るなどしたら、連れて帰る。

まとめ

「普通の対応」をすると、あまり良くない結果になるとわかっていてもついついやってしまうものです。

余裕のあるときに、「望ましい対応」を試してみてください。

 - 介護, 認知症ケア, 認知症の実際

adsense336

adsense336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ファイナンシャルプランナーが認知症の親の介護の費用を計算してみた。

「認知症ケアなどを専門とするファイナンシャルプランナーはいないかな。」 と思って …

ケアに疲れたら、必ずいったん距離をとる

心にゆとりがないと、良いケアは出来ません。 当たり前のことですが、日々の生活に追 …

認知症における「子供や家族に迷惑をかけたくない」はやめるべき- できるできない問題

ちょっと小難しい話かもしれませんが、大切なお話です。 あくまで、個人的な体験談で …

【記事紹介】「軽度斬り」と40歳以下からの保険料徴収案も浮上 – BLOGOS

予想していたこととはいえ、やはり衝撃的な内容に関する記事でしたので、補足を加えた …

no image
介護福祉士はじめ、認知症介護の現場で日常的に虐待が起こる理由

そりゃもう、ストレスがたまるからですね。 プロにあるまじき最悪の理由ですけれども …

認知症の介護に向いてる人を図解する

「なんしぃねぇえぇええ!!」 と逆ギレされることもある、認知症の方との関わり。 …

帰宅要求の分類を考える

自分の経験から帰宅要求を考えてみます。 記事の概要1 前提2 帰宅要求が聞かれる …

介護業界の介護事業者の年間倒産件数が過去最多に

介護事業所の倒産件数が過去最大になったというニュースがNHKでされました。 それ …

認知症のプロだからできること。プロだからできないこと。

プロだからできることがあります。 プロは知識を持っています。 経験もたくさんして …

もっと掘り下げてプロにできない、家族にしかできないこと

以前こんな記事を書いたのですが、より深めてみました。 認知症のプロだからできるこ …