認知症com

安心して認知症のいまをいき、これからをいきるために

*

認知症と検索すると明らかに怪しい商品のセールスが上位に出てくる現状に対する苦言

   

twitterやgoogleで認知症と検索すると、明らかにセールス目的なアカウントがたくさん出てきてショックでした。

がんで、怪しい商品が売れるのと同じように、認知症に関しても怪しい商品があふれていると実感しました。

認知症は現在のところ、エビデンスがまだまだ不足していて、何が認知症の治療にとってよくて何がよくないのかは、まだまだ整理中の段階です。

「もしかして効くかもしれない」

という本人や、家族の心理に付け込んで、効果の期待出来ない可能性が高そうな商品を高額で売りつけるのは、いかがなものでしょう。

まして、認知症の方は、判断力の低下があります。

正直、がん患者の方を相手にするよりもよっぽどタチが悪いです。

a459da14e1915382f522facb00860992_s

もちろん真面目に開発されている個人様や企業もあるのでしょうけれど、できればきちんとした大学や研究所と組んできちんとエビデンスを示していただきたいと思いました。

 

 

 - コラム, 提言, 治療薬

adsense336

adsense336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

認知症ケア先進国スコットランドに学ぶ

認知症の方が暮らしやすい社会を作るためには、さまざまな工夫が必要です。 その工夫 …

no image
おおまかな最新認知症事情あれこれ

認知症について最新の研究でわかってきたこともあり、これまで通りなところもあり。 …

no image
認知症のケアでよくあるケガについて

認知症の方をケアする時に、自他共に、時々事故でケガすることがありました。 これら …

認知症と診断されてから、はじめて自分の人生について考えるのはとても大変。

もしも、認知症と診断されたら、一番大切なことは今後の身の振り方を決めておくことだ …

no image
相手が違和感を感じないコミュニケーションが基本

認知症の方のBPSDを軽減する関わりには、相手に合わせることが必要です。 つまり …

no image
認知症ケアの前提

認知症ケアの構成要素について思いついたことを書いてみました。 思いつきなので、的 …

no image
認知症の早期発見は果たしてナンセンスか

当サイトでも、認知症の早期発見は非常に大切だと、各所で述べさせていただいておりま …

no image
気兼ねのない介助ってなんだろう。どうしたらいいだろう。

認知症に限らずではありますが、人に何かをお願いすることは気兼ねするものですね。 …

スマホやネットで10代の人も認知症に?恐るべき、”デジタル認知症”の実態とは?

「認知症になるのは、おじいちゃんおばあちゃんだけでしょ?」 「二十代の自分には関 …

no image
認知症の人とは笑顔で一緒にいるのが一番のケア

日々認知症となった方々と接する中で一つ確信することがあります。 それは、認知症と …