認知症com

安心して認知症のいまをいき、これからをいきるために

*

認知症と検索すると明らかに怪しい商品のセールスが上位に出てくる現状に対する苦言

   

twitterやgoogleで認知症と検索すると、明らかにセールス目的なアカウントがたくさん出てきてショックでした。

がんで、怪しい商品が売れるのと同じように、認知症に関しても怪しい商品があふれていると実感しました。

認知症は現在のところ、エビデンスがまだまだ不足していて、何が認知症の治療にとってよくて何がよくないのかは、まだまだ整理中の段階です。

「もしかして効くかもしれない」

という本人や、家族の心理に付け込んで、効果の期待出来ない可能性が高そうな商品を高額で売りつけるのは、いかがなものでしょう。

まして、認知症の方は、判断力の低下があります。

正直、がん患者の方を相手にするよりもよっぽどタチが悪いです。

a459da14e1915382f522facb00860992_s

もちろん真面目に開発されている個人様や企業もあるのでしょうけれど、できればきちんとした大学や研究所と組んできちんとエビデンスを示していただきたいと思いました。

 

 

 - コラム, 提言, 治療薬

adsense336

adsense336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

認知症が、絶望的なのは、自己完結な価値観が根底にあるからではないか。

別に認知症に限らず、癌や様々な難病を患った時に、何を希望として生きていけばよいの …

認知症の人を家族から隔離する施設であることだけが目的の施設がある。かもしれない。

ちょっと疑問に思ったので皆さんに提起します。 ズバリ、認知症の施設の中には、明ら …

精神科病院に認知症患者の方が必要以上に長期に留まる現実とそのデメリット

長期間の精神科病院への入院が慢性化している現実があります。 今日は、その現実をご …

認知症ケア先進国スコットランドに学ぶ

認知症の方が暮らしやすい社会を作るためには、さまざまな工夫が必要です。 その工夫 …

no image
認知症の人とは笑顔で一緒にいるのが一番のケア

日々認知症となった方々と接する中で一つ確信することがあります。 それは、認知症と …

認知症の方をケアする仕事をする現場のマネジメントが不十分な件

「お兄さんは、私の息子と会ったことが会ったかねえ」   今日、とある淑 …

no image
あえて考えてみよう。認知症のメリット

以前、「がんになってよかったこと」という記事を読んだことがあり、そのような発想に …

no image
高齢者の困窮問題に思うこと

敬老の日を一つのきっかけとして、各所で高齢者の貧困の問題が取りざたされています。 …

認知症進行予防の対策としては、実は効果の薄いかも知れない計算ドリル

計算ドリルの反復によって計算が早くなる可能性があります。 認知症の人でも同様に、 …

発想の転換で認知症を成長産業に結びつけることができるか?

とりあえず、目先の問題解決を第一優先として考えたとするとき、日本の国力なんて知っ …