認知症com

安心して認知症のいまをいき、これからをいきるために

*

ファイナンシャルプランナーが認知症の親の介護の費用を計算してみた。

   

「認知症ケアなどを専門とするファイナンシャルプランナーはいないかな。」

と思って検索したら、記事が引っかかったのでご紹介。

認知症の親介護、費用はいくらかかる? FPが試算

介護者専門ファイナンシャル・プランナーの河村修一さんが計算したということです。

詳細は上記の記事を見ていただくとして、要約すると、

「アルツハイマー型認知症が5年ごとに初期、中期、終末期と推移し平均の12年生きる」と仮定すると、自宅での介護に必要な金額は

初期:約3万円×12か月×5年=約180万円

中期:約6万円×12か月×5年=約360万円

終末期:約13万円×12か月×2年=約312万円

トータル:約852万円

その他、住宅の改修費用なども増える可能性あり。最後の終末期は2年で計算されているので、もっと必要な可能性もありますね。

ちなみに施設入所の場合には、もっとお金が必要になるだろうということ。

目安としては、現状の安全圏として、一月あたり20万円程度を想定するとしっくりくるかも。

結局、お金でなんとかできる人って、一部の人だけなんだなあというのを実感させられる数字でした。

年金そんなにもらえるわけないですし、自分の将来の貯蓄も、今の親の介護で消えていくでしょうからね。

ということで、お金以外のものにてプランニングを行っていく必要性をひしひしと感じたのであります。

 - news, お金の話, 親族・家族, 認知症ケア

adsense336

adsense336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
世界の認知症患者、2050年に3倍

衝撃的なニュース。 それは、2050年には、日本人が全員認知症になっても足りない …

no image
<宮崎暴走>容疑者男性は認知症の治療中とのニュース

最近最も世間を驚かした交通事故関連のニュースに続報です。 情報元サイトによると、 …

もっと掘り下げてプロにできない、家族にしかできないこと

以前こんな記事を書いたのですが、より深めてみました。 認知症のプロだからできるこ …

認知症の介護で大切なコトは「いつでも微笑みを」

認知症になっても、一番最後まで残っている能力のと言われるのが、対人認知。 たとえ …

ケアに疲れたら、必ずいったん距離をとる

心にゆとりがないと、良いケアは出来ません。 当たり前のことですが、日々の生活に追 …

初期アルツハイマー病「マウスで記憶復元に成功」 NHKニュース

要するに 倉庫から物がなくなるわけじゃなく どこにしまった変わらなくなる アルツ …

no image
介護福祉士はじめ、認知症介護の現場で日常的に虐待が起こる理由

そりゃもう、ストレスがたまるからですね。 プロにあるまじき最悪の理由ですけれども …

認知症の方の言動を理解するには

認知症の方の言動には、一見了解できないものがたくさんあります。 それを理解するた …

ユマニチュード〜認知症当事者に寄り添うための技術

基本は、敬意を行動にして表すこと。 相手の認知を尊重すること。 ユマニチュードの …

no image
研究結果:不幸に生きても死亡リスクへの直接的な影響はない

イギリス人女性の場合、かならずしも不幸と感じていることが生命を脅かすものではない …