認知症com

安心して認知症のいまをいき、これからをいきるために

*

ファイナンシャルプランナーが認知症の親の介護の費用を計算してみた。

   

「認知症ケアなどを専門とするファイナンシャルプランナーはいないかな。」

と思って検索したら、記事が引っかかったのでご紹介。

認知症の親介護、費用はいくらかかる? FPが試算

介護者専門ファイナンシャル・プランナーの河村修一さんが計算したということです。

詳細は上記の記事を見ていただくとして、要約すると、

「アルツハイマー型認知症が5年ごとに初期、中期、終末期と推移し平均の12年生きる」と仮定すると、自宅での介護に必要な金額は

初期:約3万円×12か月×5年=約180万円

中期:約6万円×12か月×5年=約360万円

終末期:約13万円×12か月×2年=約312万円

トータル:約852万円

その他、住宅の改修費用なども増える可能性あり。最後の終末期は2年で計算されているので、もっと必要な可能性もありますね。

ちなみに施設入所の場合には、もっとお金が必要になるだろうということ。

目安としては、現状の安全圏として、一月あたり20万円程度を想定するとしっくりくるかも。

結局、お金でなんとかできる人って、一部の人だけなんだなあというのを実感させられる数字でした。

年金そんなにもらえるわけないですし、自分の将来の貯蓄も、今の親の介護で消えていくでしょうからね。

ということで、お金以外のものにてプランニングを行っていく必要性をひしひしと感じたのであります。

 - news, お金の話, 親族・家族, 認知症ケア

adsense336

adsense336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

敬老の日の銀盃が銀メッキ杯へ

100歳万歳なのですが、そのお祝いムードに影を落としそうな話題です。 なんとも悲 …

no image
認知症の介護の問題は、「誰が介護の負担をするか」に尽きる

認知症 という言葉自体は、 誰もが知っている言葉になりました。   し …

是非「何がしてみたい?」と聞いてみて!

記事の概要1 なぜ「何がしてみたい?」が大切か1.1 その人のことがわかる1.2 …

no image
認知症の大山のぶよさん、仕事するかも?ダンガンロンパ新作はシリーズ完結作

大山のぶ代さんが、有名になったのは、ドラえもんの声を長年務めてこられたからという …

no image
おおまかな最新認知症事情あれこれ

認知症について最新の研究でわかってきたこともあり、これまで通りなところもあり。 …

お金さえあれば、認知症は怖くない?!

確かに、お金があれば適切なサービスがいくらでも使えますよね。 逆に言えば、認知症 …

「私帰ろうと思う」という帰宅欲求にどう対応しますか?

ここが家なのに「家に帰りたい」という。 帰宅欲求はかなり大変なんです。 なぜなら …

認知症の治療・ケアにおいて、一番大切なのは家族の支援力

一緒に暮らしている家族が、一番認知症の方を支えることができるポテンシャルを秘めて …

超重要!最新脳科学に見る、認知症を改善する関わりとは

良かれと思って投げかける注意や投げかけによる、コミュニケーションのすれ違いが認知 …

認知症の方の言動を理解するには

認知症の方の言動には、一見了解できないものがたくさんあります。 それを理解するた …