認知症com

安心して認知症のいまをいき、これからをいきるために

*

石坂浩二の年齢を聞いて非常に驚いた。

   

なんと、齢74歳。

いつまでもお若いってのはいいですね。

若さの秘訣が気になります。

今やってるアウトデラックスできになる情報がいろいろとやってます。

劇団四季にいたそうです。演出部に。

で、役者になった方が、稼ぎがいいからと、職業を変わったというのも面白い。

この歳になっても、語りが知的なのはすごいなあと思います。

見せ方を知ってるっていうのでしょうか。

きっと自分自信を把握する、メタ認知がすぐれているのではないかという印象を受けました。

社交性や社会性にも関わる部分なので、そういう部分は大切だなあと改めて考えさせられますね。

 - コラム

adsense336

adsense336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
認知症の人が街中で普通にいる世の中がきっとくる。

タイトルまま。 お疲れさまです。 認知症の人が、街中で徘徊する世の中です。 どう …

no image
相手が違和感を感じないコミュニケーションが基本

認知症の方のBPSDを軽減する関わりには、相手に合わせることが必要です。 つまり …

no image
生活の質(QOL)の密度という考え方

生活の質という概念は、結構一般的ですが、その密度のようなものについては、あまり論 …

認知症ケア先進国スコットランドに学ぶ

認知症の方が暮らしやすい社会を作るためには、さまざまな工夫が必要です。 その工夫 …

no image
あえて考えてみよう。認知症のメリット

以前、「がんになってよかったこと」という記事を読んだことがあり、そのような発想に …

認知症の方をケアする仕事をする現場のマネジメントが不十分な件

「お兄さんは、私の息子と会ったことが会ったかねえ」   今日、とある淑 …

no image
相模原市の事件について認知症comの中のひとが思ったこと

前提 意外と、犯人にシンパシーを覚えている若い人たちは少なくないということ。 い …

no image
認知症ケアの前提

認知症ケアの構成要素について思いついたことを書いてみました。 思いつきなので、的 …

みんなが元気になれる社会を目指すのが一番の認知症対策、という話。

認知症にフォーカスする以上に、みんなが元気になれる社会を目指してやってくほうが効 …

no image
高齢者の困窮問題に思うこと

敬老の日を一つのきっかけとして、各所で高齢者の貧困の問題が取りざたされています。 …