認知症com

安心して認知症のいまをいき、これからをいきるために

*

お金さえあれば、認知症は怖くない?!

   

確かに、お金があれば適切なサービスがいくらでも使えますよね。

逆に言えば、認知症の問題の一つに適切なサービスを受給しようと思ったら、お金がいくらあっても足りないし、終わりがないということがあります。

お金で解決しようとする思想が、実は問題を引き起こしているのですが、国の政策はどうでしょうか。

その方向ですよね。

福祉政策にたくさんのお金が投じられてきました。

しかし、前にも書いたことがあるかと思いますが、日本の人口ピラミッドの特性上今の水準の医療福祉を提供し続けることは不可能になってきています。

なので、国は方針を転換し、なるべく地域や家族が支える仕組みを作っていますが、まだまだ過渡期で問題が山積みです。

だから認知症は恐ろしい病気なのです。

病気自体が恐ろしいということよりも、病気になっても助けてもらえないことがあることが恐ろしいのです。

今後、一般的な収入の人々は認知症に成っても、お金に頼って適切なサービスを受けることはそのうちできなくなります。

お金を使わなくても認知症の方を支えることができる社会の仕組みを急いで整備する必要があることも、前に述べた通りです。

失礼を承知で言えば、そのことについての社会の認識も非常に甘いと思います。

どういうことか。

たとえば、年金制度が崩壊することはありませんが、年金制度の基盤になっている日本や、日本円が脆弱になっていく可能性がたかいです。

そうすると、輸入にいろいろな物資を頼っている日本では、物価の上昇にさらされることになるので、医療福祉に個人が支払うことができるお金の額は低下していきます。

食料自給率ももっと向上させたほうがいいとか、そういう切り口の話もできるかもしれませんが、ひとえに日本が経済大国であり続けられるかどうかという問題です。

そして、それはイエスであり、ノーです。

結局、日本が売り上げたお金をどこにどういう風に使っていくかに全てかかっています。

そして、矛盾するようですが、どうやったらお金を使わなくてもやっていけるかにみんなで頭を絞っていく必要があります。

どちらも並行して進めていくためには、やっぱり認知症に対する社会の認知を高めていく必要があるのだと思います。

非常に大きな話で、あまり実感の持てない話とは思いますが、私達一人ひとりがきちんと関心を持っていかないといけないことだと思います。

 - お金の話, コラム, 日本社会

adsense336

adsense336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
相手が違和感を感じないコミュニケーションが基本

認知症の方のBPSDを軽減する関わりには、相手に合わせることが必要です。 つまり …

no image
高齢者の困窮問題に思うこと

敬老の日を一つのきっかけとして、各所で高齢者の貧困の問題が取りざたされています。 …

no image
介護福祉士はじめ、認知症介護の現場で日常的に虐待が起こる理由

そりゃもう、ストレスがたまるからですね。 プロにあるまじき最悪の理由ですけれども …

【相談】離婚しようと思った矢先に、認知症になった夫。どうしたらいいか?

ネット上の記事で、認知症になった夫と離婚できるのかという相談をみつけました。 実 …

認知症にも影響?600万円が生活水準を大きく分ける

認知症になりやすい人の傾向として、喫煙週間があったり、肥満があったり。 そういう …

no image
あえて考えてみよう。認知症のメリット

以前、「がんになってよかったこと」という記事を読んだことがあり、そのような発想に …

もの忘れ外来で、「しゃべり」から認知症がはんだんできるだろうか?

どの程度、すらすらと話ができるかどうか(正しくは、言語流暢性課題というらしいです …

「いい人生だった」と言えるために

以下の3つを大切にしましょう。 感情豊かに生きる 人生の意味と感情との関係性は大 …

認知症が、絶望的なのは、自己完結な価値観が根底にあるからではないか。

別に認知症に限らず、癌や様々な難病を患った時に、何を希望として生きていけばよいの …

認知症ケア先進国スコットランドに学ぶ

認知症の方が暮らしやすい社会を作るためには、さまざまな工夫が必要です。 その工夫 …