認知症com

安心して認知症のいまをいき、これからをいきるために

*

認知症進行予防の対策としては、実は効果の薄いかも知れない計算ドリル

   

計算ドリルの反復によって計算が早くなる可能性があります。

認知症の人でも同様に、計算機能の維持向上は図れるかも知れません。

しかし、それ以外の機能についても連動して向上するかと言えば、効果はあまり期待しないほうがいいようです。

例えば、言語的な機能や、歩行機能などが計算能力が維持されるからといって、連動して維持できるかと言えばそんなことはないという可能性が高いということです。

おすすめの認知症対策は歩行

逆に、全体として認知症の進行を抑えることができると期待されているのが歩行です。

歩くスピードは、認知症と相関があることがわかってきています。

身体て気に問題がないにもか関わらず、ゆっくりと歩く方は、認知症である可能性がそうでない人と比べて高いということです。

裏を返せば、歩く練習をすることで脳が総合的に活性化され、認知機能の維持向上に役立つということです。

趣味で計算ドリルを行うのはいいですが、例えば、家族さんが本人のためを思って計算ドリルを進めるのは全くの無意味です。

それよりは一緒に、散歩を行い、歩くスピードや歩幅を計測し、記録して変化を捉える方が、有意義です。

歩き方にも工夫を

つまりただ歩くのではなく、誰かと一緒に歩くなどして毎日続けられるような工夫をしたり、ちょっといい万歩計やスポーツウェアなんかでモチベーションを高めて、とにかく継続できることが大切です。

特に、誰かと一緒に歩いたり、散歩に目的地を設けたりすることが大切です。

ただ歩くだけの時よりも、モチベーションを維持して楽しんで取り組むことができるでしょう。

 - コラム, リハビリテーション

adsense336

adsense336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

発想の転換で認知症を成長産業に結びつけることができるか?

とりあえず、目先の問題解決を第一優先として考えたとするとき、日本の国力なんて知っ …

no image
認知症ケアの前提

認知症ケアの構成要素について思いついたことを書いてみました。 思いつきなので、的 …

no image
あえて考えてみよう。認知症のメリット

以前、「がんになってよかったこと」という記事を読んだことがあり、そのような発想に …

no image
相手が違和感を感じないコミュニケーションが基本

認知症の方のBPSDを軽減する関わりには、相手に合わせることが必要です。 つまり …

no image
高齢者の困窮問題に思うこと

敬老の日を一つのきっかけとして、各所で高齢者の貧困の問題が取りざたされています。 …

認知症の方に出会わない日常は、偏っているかもしれないです。

2025年には700万人を超えると言われる認知症の方の数。(割と少なめの見積もり …

お金さえあれば、認知症は怖くない?!

確かに、お金があれば適切なサービスがいくらでも使えますよね。 逆に言えば、認知症 …

no image
見当識障害とは?毎回はじめましてなおじいちゃん

どうもこんにちは。 今日のお話は、中等度認知症の方を日常的にケア・サポートする方 …

認知症が、絶望的なのは、自己完結な価値観が根底にあるからではないか。

別に認知症に限らず、癌や様々な難病を患った時に、何を希望として生きていけばよいの …

認知症ケア先進国スコットランドに学ぶ

認知症の方が暮らしやすい社会を作るためには、さまざまな工夫が必要です。 その工夫 …