認知症com

安心して認知症のいまをいき、これからをいきるために

*

認知症予防運動プログラムの基礎のキソ

   

認知症予防運動プログラムは、国立長寿医療研究センターが開発した、運動で認知症を予防する試みです。

NHKで紹介されていました。

基本は、ウォーキング、つまり歩くだけで認知症予防に効果があるのです。
walking_man

とはいえ、ただ歩くのではありません。

認知症の予防にとって効果的な歩き方を学びましょう。

顎を引いて背筋はまっすぐに伸ばします。

歩幅は普段に5cmプラスして歩きます。
そして、少し息が上がるくらいのペースで、歩行します。

しっかりと、心拍数が上がることが大切だからです。

認知症を予防するには、さらに歩くことと同時に、頭を使うことが効果的と言われています。

例えば、100から順番に1、2、3、4と引いていくなど、いわゆる頭の体操を行いながら、体を動かしていくことで脳への刺激を増やし、前頭葉やワーキングメモリに働きかけることができます。

また、運動するということは、全身を使用しているので、脳の広い領域に働きかけることになります。

この運動は1にち30分を2日に1回程度行うのが目安です。慣れてきたら、毎日行うのが良いでしょう。

ということで、明日から、やってみてください。

 - キュレーション, 認知症予防

adsense336

adsense336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
日本で子供を作るのは罪だと思う – はてな匿名ダイアリー を読んでなんて的外れな意見だろうと思う。

http://anond.hatelabo.jp/20160927071136 …

認知症に効く?”X物質”とは?

「知られざる脳の真実 世界を変える奇跡の力」という番組の中に、記憶障害にアプロー …

【記事紹介】「税金で高齢者を支えている」と思ったら大間違い。実は勤労世代も5人に2人は逆に社会に支えられている|みんなの介護ニュース

山本一郎氏による、記事です。 真偽のほどは、各自確認して頂ければと思いますが、個 …

初期認知症の方の思いの一例「頼まれれば何でもできる」

知症プロジェクトで、紹介されていた初期認知症の方の思いです。 記事の概要1 「楽 …

【記事紹介】「軽度斬り」と40歳以下からの保険料徴収案も浮上 – BLOGOS

予想していたこととはいえ、やはり衝撃的な内容に関する記事でしたので、補足を加えた …