認知症com

安心して認知症のいまをいき、これからをいきるために

*

相模原市の事件について認知症comの中のひとが思ったこと

   

前提

意外と、犯人にシンパシーを覚えている若い人たちは少なくないということ。

いのちの重さって何だろうと、感覚や体験を持って感じ取ったことがある、そういう人が若い人の中には少ない。

それは、カラダを使う経験が乏しく、自然に晒される経験も少なく、理不尽も知らず、理想的な環境が当たり前のような感覚で消費できるような、そういう環境で育ってきた若い人が社会の大半を占めるようになっていくことを示唆している。

他人との繋がりは表面的で、自分を犠牲にするということは、非常に愚かなことだと思っている。

誰かのために、自分の時間や財産を分け与えることは、およそ非常に愚かなことだと感じている。

閑話休題

相模原市の事件の犯人は、きっと遠い未来を見ようとして自分自身の足元と今、この瞬間の周囲の景色を見失ってしまった。

きっと、彼自身は自分の政治思想を実現し、満足さえしていたのではないだろうか。

彼が行った行為とイスラム国が行っている虐殺行為の間に大きな差は無い、そのように感じられる人間が今の日本社会の弟のいるのだろうという考えが頭をよぎった時、そのことが非常に恐ろしく感じた。

「別に障害者だから、私には関係無い」

たとえ一瞬でもそう思ってしまった人がかなり多かったのではないかと思う。

きっと今の世の中は、そんな世の中で、それを良しとされてしまうと、返す言葉もない。

ただ、絶句し、閉口してしまう。

逆の立場だったらどうなのだろう。

そんなことを思いました。

思いやりと、余裕とゆとりをもって日常生活を送りたいものです。

きっと、ディズニーランドと介護保険を測りにかけたら、本音では、ディズニーランドを選ぶかもしれません。

そういう理不尽な選択を迫られる時が近づいていることを暗示した事件ではないことを祈ります。

 - コラム, 未分類

adsense336

adsense336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

精神科病院に認知症患者の方が必要以上に長期に留まる現実とそのデメリット

長期間の精神科病院への入院が慢性化している現実があります。 今日は、その現実をご …

no image
海外に住む日本人シニアがボケて、日本語しかしゃべらなくなることについて – Togetterまとめ

http://togetter.com/li/1045114

no image
ランニングで脳が若返る! 新しい神経細胞をつくる因子のメカニズムを解明。

http://ndjust.in/DIrzw8jEy6 http://ndjus …

no image
サービス付き高齢者住宅の事故が増えているらしい

結局、ケアは行き届かないのかな。 そういうのは、仕事として成り立たないという材料 …

no image
【記事紹介】脳を活性化し認知症を予防・改善 注目集める学習療法|ヘルスUP

http://ndjust.in/aRjOyOoJjr http://ndjus …

認知症の方をケアする仕事をする現場のマネジメントが不十分な件

「お兄さんは、私の息子と会ったことが会ったかねえ」   今日、とある淑 …

no image
認知症が進行すると、変化に対して鈍感になるが・・・

臨床場面では、いろいろな症状の方がおられますが、多くの方が変化に対して鈍感になり …

認知症進行予防の対策としては、実は効果の薄いかも知れない計算ドリル

計算ドリルの反復によって計算が早くなる可能性があります。 認知症の人でも同様に、 …

no image
餅を詰まらせる事故に注意 応急措置の確認を | NHKニュース

餅を喉に詰まらせるかもしれないときに読む記事。 http://www3.nhk. …

認知症ケア先進国スコットランドに学ぶ

認知症の方が暮らしやすい社会を作るためには、さまざまな工夫が必要です。 その工夫 …