認知症com

安心して認知症のいまをいき、これからをいきるために

*

相模原市の事件について認知症comの中のひとが思ったこと

   

前提

意外と、犯人にシンパシーを覚えている若い人たちは少なくないということ。

いのちの重さって何だろうと、感覚や体験を持って感じ取ったことがある、そういう人が若い人の中には少ない。

それは、カラダを使う経験が乏しく、自然に晒される経験も少なく、理不尽も知らず、理想的な環境が当たり前のような感覚で消費できるような、そういう環境で育ってきた若い人が社会の大半を占めるようになっていくことを示唆している。

他人との繋がりは表面的で、自分を犠牲にするということは、非常に愚かなことだと思っている。

誰かのために、自分の時間や財産を分け与えることは、およそ非常に愚かなことだと感じている。

閑話休題

相模原市の事件の犯人は、きっと遠い未来を見ようとして自分自身の足元と今、この瞬間の周囲の景色を見失ってしまった。

きっと、彼自身は自分の政治思想を実現し、満足さえしていたのではないだろうか。

彼が行った行為とイスラム国が行っている虐殺行為の間に大きな差は無い、そのように感じられる人間が今の日本社会の弟のいるのだろうという考えが頭をよぎった時、そのことが非常に恐ろしく感じた。

「別に障害者だから、私には関係無い」

たとえ一瞬でもそう思ってしまった人がかなり多かったのではないかと思う。

きっと今の世の中は、そんな世の中で、それを良しとされてしまうと、返す言葉もない。

ただ、絶句し、閉口してしまう。

逆の立場だったらどうなのだろう。

そんなことを思いました。

思いやりと、余裕とゆとりをもって日常生活を送りたいものです。

きっと、ディズニーランドと介護保険を測りにかけたら、本音では、ディズニーランドを選ぶかもしれません。

そういう理不尽な選択を迫られる時が近づいていることを暗示した事件ではないことを祈ります。

 - コラム, 未分類

adsense336

adsense336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
【記事紹介】86歳の女性が電車にひかれ死亡 認知症か

http://ndjust.in/50vQZ6jFJe http://ndjus …

no image
素晴らしい介護は、素晴らしい自己犠牲が前提

認知症の人が輝くためには、周囲がそのお膳立てを死ぬ気でやらないといけない。 それ …

石坂浩二の年齢を聞いて非常に驚いた。

なんと、齢74歳。 いつまでもお若いってのはいいですね。 若さの秘訣が気になりま …

認知症にも影響?600万円が生活水準を大きく分ける

認知症になりやすい人の傾向として、喫煙週間があったり、肥満があったり。 そういう …

no image
自分自身に関する興味関心を高める

少し、認知症が進んで、訴えが多くなった方を想定して書いています。 関心は外界に向 …

認知症の方に出会わない日常は、偏っているかもしれないです。

2025年には700万人を超えると言われる認知症の方の数。(割と少なめの見積もり …

no image
プロフェッショナル 加藤忠相 が素敵すぎて泣けた

前回の プロフェッショナル 仕事の流儀 みました? 加藤忠相さん。 素敵だ。 認 …

もの忘れ外来で、「しゃべり」から認知症がはんだんできるだろうか?

どの程度、すらすらと話ができるかどうか(正しくは、言語流暢性課題というらしいです …

みんなが元気になれる社会を目指すのが一番の認知症対策、という話。

認知症にフォーカスする以上に、みんなが元気になれる社会を目指してやってくほうが効 …

発想の転換で認知症を成長産業に結びつけることができるか?

とりあえず、目先の問題解決を第一優先として考えたとするとき、日本の国力なんて知っ …