認知症com

安心して認知症のいまをいき、これからをいきるために

*

認知症が、絶望的なのは、自己完結な価値観が根底にあるからではないか。

   

別に認知症に限らず、癌や様々な難病を患った時に、何を希望として生きていけばよいのでしょうか?

認知症の逃げ場のない辛さは、認知症になった当事者の人にしかわかりません。

自分が自分でなくなっていくような感覚や恐怖も。

ですがそれらを踏まえても、そもそも、認知症の発症で自分の人生を否定的に見る必要はないと個人的に思っています。

なぜなら、人生の価値というのは、価値基準の数だけ存在します。

人間が、自分の人生の価値を測る時には、これから何ができるのか、あるいは、これまでに何を残したのか。

その二つを足して2で割ったものが、その人の人生の価値になるという考え方もあるでしょう。

そもそも、幸せって何ですっけ。

bird_aoitori_bluebird

個々人にとって違うと思います。

それがわかっていないと、自分が、これから何をなすかにしか価値をおけない人生で、さらに、自分の今後の人生に対して認知症というものを通して否定的になってしまうと、認知症を患った人生に絶望してしまうかもしれません。

でも、絶望しても、生きなければならない人生の時間は変わらないし、病気が治るわけでもないです。

だからこそ、自分ができることは何か、自分はこれまでにどんなものを残してきたのかを大切に出来たら、もっと認知症のある人生も楽しくなりそうな気がします。

そこも踏まえて、今後の人生を若いうちから考えてもらいたいと、若い人に対して思います。

中年の人も。

高齢の方も。

自分の人生の幸せと、自分の人生の価値を考えながら毎日を生きていく必要があるんじゃないでしょうか。

 - コラム

adsense336

adsense336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
認知症の早期発見は果たしてナンセンスか

当サイトでも、認知症の早期発見は非常に大切だと、各所で述べさせていただいておりま …

no image
生活の質(QOL)の密度という考え方

生活の質という概念は、結構一般的ですが、その密度のようなものについては、あまり論 …

認知症の方をケアする仕事をする現場のマネジメントが不十分な件

「お兄さんは、私の息子と会ったことが会ったかねえ」   今日、とある淑 …

no image
相模原市の事件について認知症comの中のひとが思ったこと

前提 意外と、犯人にシンパシーを覚えている若い人たちは少なくないということ。 い …

認知症の方に出会わない日常は、偏っているかもしれないです。

2025年には700万人を超えると言われる認知症の方の数。(割と少なめの見積もり …

no image
あえて考えてみよう。認知症のメリット

以前、「がんになってよかったこと」という記事を読んだことがあり、そのような発想に …

もの忘れ外来で、「しゃべり」から認知症がはんだんできるだろうか?

どの程度、すらすらと話ができるかどうか(正しくは、言語流暢性課題というらしいです …

【相談】離婚しようと思った矢先に、認知症になった夫。どうしたらいいか?

ネット上の記事で、認知症になった夫と離婚できるのかという相談をみつけました。 実 …

精神科病院に認知症患者の方が必要以上に長期に留まる現実とそのデメリット

長期間の精神科病院への入院が慢性化している現実があります。 今日は、その現実をご …

お金さえあれば、認知症は怖くない?!

確かに、お金があれば適切なサービスがいくらでも使えますよね。 逆に言えば、認知症 …