認知症com

安心して認知症のいまをいき、これからをいきるために

*

相手が違和感を感じないコミュニケーションが基本

   

認知症の方のBPSDを軽減する関わりには、相手に合わせることが必要です。

つまり、病気を意識しなくて済むような、環境や人の関わりが大切になるということです。

では、そのためには何が大切か。

関わる人自身の余裕です。

 

もし、当事者の方と関わるときに自分に余裕がないと感じるのであれば、周囲からのヘルプを求めましょう。

それによって、余裕のある関わりができ、相手が違和感なく安心してコミュニケーションを取れること、生活できることが、BPSDの軽減につながります。

そこからさらに、余裕があれば、その人の特性やその人らしさを踏まえた、有意義な関わりができるようになってくると思います。

 - コラム

adsense336

adsense336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
介護福祉士はじめ、認知症介護の現場で日常的に虐待が起こる理由

そりゃもう、ストレスがたまるからですね。 プロにあるまじき最悪の理由ですけれども …

自分の家で「私は家に帰ります!」と訴える認知症の方

病院であっても、「家に帰ります」という言葉がそのまま受け取ってよいものかどうかは …

誰かと会うこと、どこかにでかけることが認知症の進行を食い止める

仕事を辞めると認知症が一気に進行するという話を耳にします。 それは、脳を使う機会 …

認知症が、絶望的なのは、自己完結な価値観が根底にあるからではないか。

別に認知症に限らず、癌や様々な難病を患った時に、何を希望として生きていけばよいの …

認知症の恐ろしさは、想いに裏切られること

認知症になっても幸せに過ごせる人と、そうでない人の違いは、頑張りすぎるかどうかに …

もの忘れ外来で、「しゃべり」から認知症がはんだんできるだろうか?

どの程度、すらすらと話ができるかどうか(正しくは、言語流暢性課題というらしいです …

認知症にも影響?600万円が生活水準を大きく分ける

認知症になりやすい人の傾向として、喫煙週間があったり、肥満があったり。 そういう …

no image
相模原市の事件について認知症comの中のひとが思ったこと

前提 意外と、犯人にシンパシーを覚えている若い人たちは少なくないということ。 い …

no image
認知症ケアの前提

認知症ケアの構成要素について思いついたことを書いてみました。 思いつきなので、的 …

no image
あえて考えてみよう。認知症のメリット

以前、「がんになってよかったこと」という記事を読んだことがあり、そのような発想に …