認知症com

安心して認知症のいまをいき、これからをいきるために

*

相手が違和感を感じないコミュニケーションが基本

   

認知症の方のBPSDを軽減する関わりには、相手に合わせることが必要です。

つまり、病気を意識しなくて済むような、環境や人の関わりが大切になるということです。

では、そのためには何が大切か。

関わる人自身の余裕です。

 

もし、当事者の方と関わるときに自分に余裕がないと感じるのであれば、周囲からのヘルプを求めましょう。

それによって、余裕のある関わりができ、相手が違和感なく安心してコミュニケーションを取れること、生活できることが、BPSDの軽減につながります。

そこからさらに、余裕があれば、その人の特性やその人らしさを踏まえた、有意義な関わりができるようになってくると思います。

 - コラム

adsense336

adsense336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

認知症が、絶望的なのは、自己完結な価値観が根底にあるからではないか。

別に認知症に限らず、癌や様々な難病を患った時に、何を希望として生きていけばよいの …

no image
認知症の人とは笑顔で一緒にいるのが一番のケア

日々認知症となった方々と接する中で一つ確信することがあります。 それは、認知症と …

自分の家で「私は家に帰ります!」と訴える認知症の方

病院であっても、「家に帰ります」という言葉がそのまま受け取ってよいものかどうかは …

認知症の方々から学んだこと『人生を楽しんでおいたほうが良い』

臨床の現場で、何人もの認知症の方にかかわらせていただく中で、「楽しみが多い人は病 …

もの忘れ外来で、「しゃべり」から認知症がはんだんできるだろうか?

どの程度、すらすらと話ができるかどうか(正しくは、言語流暢性課題というらしいです …

no image
生活の質(QOL)の密度という考え方

生活の質という概念は、結構一般的ですが、その密度のようなものについては、あまり論 …

認知症の介護に向いてる人を図解する

「なんしぃねぇえぇええ!!」 と逆ギレされることもある、認知症の方との関わり。 …

あなたはいくつあてはまる?認知症の原因のアミロイドβの貯まりやすさを見る

科学的な研究・分析に基づいて、認知症のリスクファクター(なりやすさの原因)につい …

認知症の人を家族から隔離する施設であることだけが目的の施設がある。かもしれない。

ちょっと疑問に思ったので皆さんに提起します。 ズバリ、認知症の施設の中には、明ら …

発想の転換で認知症を成長産業に結びつけることができるか?

とりあえず、目先の問題解決を第一優先として考えたとするとき、日本の国力なんて知っ …