認知症com

安心して認知症のいまをいき、これからをいきるために

*

相手が違和感を感じないコミュニケーションが基本

   

認知症の方のBPSDを軽減する関わりには、相手に合わせることが必要です。

つまり、病気を意識しなくて済むような、環境や人の関わりが大切になるということです。

では、そのためには何が大切か。

関わる人自身の余裕です。

 

もし、当事者の方と関わるときに自分に余裕がないと感じるのであれば、周囲からのヘルプを求めましょう。

それによって、余裕のある関わりができ、相手が違和感なく安心してコミュニケーションを取れること、生活できることが、BPSDの軽減につながります。

そこからさらに、余裕があれば、その人の特性やその人らしさを踏まえた、有意義な関わりができるようになってくると思います。

 - コラム

adsense336

adsense336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

認知症の方々から学んだこと『人生を楽しんでおいたほうが良い』

臨床の現場で、何人もの認知症の方にかかわらせていただく中で、「楽しみが多い人は病 …

スマホやネットで10代の人も認知症に?恐るべき、”デジタル認知症”の実態とは?

「認知症になるのは、おじいちゃんおばあちゃんだけでしょ?」 「二十代の自分には関 …

no image
認知症の人が街中で普通にいる世の中がきっとくる。

タイトルまま。 お疲れさまです。 認知症の人が、街中で徘徊する世の中です。 どう …

no image
認知症が増えたのではなく、認知症でも長く生きる世の中になったこと

人間の生存の限界は神のみぞ知ります。 だから、何歳まで生きるかなんて、語ることに …

認知症にも影響?600万円が生活水準を大きく分ける

認知症になりやすい人の傾向として、喫煙週間があったり、肥満があったり。 そういう …

認知症の恐ろしさは、想いに裏切られること

認知症になっても幸せに過ごせる人と、そうでない人の違いは、頑張りすぎるかどうかに …

石坂浩二の年齢を聞いて非常に驚いた。

なんと、齢74歳。 いつまでもお若いってのはいいですね。 若さの秘訣が気になりま …

no image
おおまかな最新認知症事情あれこれ

認知症について最新の研究でわかってきたこともあり、これまで通りなところもあり。 …

お金さえあれば、認知症は怖くない?!

確かに、お金があれば適切なサービスがいくらでも使えますよね。 逆に言えば、認知症 …

発想の転換で認知症を成長産業に結びつけることができるか?

とりあえず、目先の問題解決を第一優先として考えたとするとき、日本の国力なんて知っ …