認知症com

安心して認知症のいまをいき、これからをいきるために

*

認知症が増えたのではなく、認知症でも長く生きる世の中になったこと

   

人間の生存の限界は神のみぞ知ります。

だから、何歳まで生きるかなんて、語ることになんの意味もないのです。

 

ただ、生きられる範囲で懸命に生きるのが人間の生です。

で、その補助として医療があったのだと。

 

しかし、いつのまにか、

認知症

というものに、

生きることが追い詰められるようになってきているように思います。

 

認知症になったら終わり。

そう思う人も増えている。

 

人間の生き方を決めるのは、自分自身の権利であり、義務であると思います。

どこまでを医療に補ってもらい、どこからが依存なのか。

本当に自分自身がどう生きたいのか。

認知症になった時の自分自身の身の振り方を考える必要があると。

 

そのために、普段から認知症の先輩に学ぶことが欠かせないのです。

ところが、世の中の多くの人は認知症という障害から遠ざかろうとする。

そのために、何かに依存する。

 

よっぽど病んでると思いませんか。

あるがままで生きれたら、それが一番素敵なことです。

それは、生きたいと思って、生きられることではないでしょうか。

 

生きさせられる生を生きることではないと思います。

本人は、自分が生きたいと思うか、そう思わないのかを明らかにする義務があると思います。

周囲は、本人の生きたいという気持ちを最大限支援することが必要です。

 

そうすると、認知症でも生きやすい世の中になると思います。

いかがでしょうね。

 - コラム

adsense336

adsense336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
認知症のケアでよくあるケガについて

認知症の方をケアする時に、自他共に、時々事故でケガすることがありました。 これら …

no image
高齢者の困窮問題に思うこと

敬老の日を一つのきっかけとして、各所で高齢者の貧困の問題が取りざたされています。 …

認知症の恐ろしさは、想いに裏切られること

認知症になっても幸せに過ごせる人と、そうでない人の違いは、頑張りすぎるかどうかに …

no image
認知症が進行すると、変化に対して鈍感になるが・・・

臨床場面では、いろいろな症状の方がおられますが、多くの方が変化に対して鈍感になり …

no image
認知症の早期発見は果たしてナンセンスか

当サイトでも、認知症の早期発見は非常に大切だと、各所で述べさせていただいておりま …

認知症進行予防の対策としては、実は効果の薄いかも知れない計算ドリル

計算ドリルの反復によって計算が早くなる可能性があります。 認知症の人でも同様に、 …

スマホやネットで10代の人も認知症に?恐るべき、”デジタル認知症”の実態とは?

「認知症になるのは、おじいちゃんおばあちゃんだけでしょ?」 「二十代の自分には関 …

認知症の方をケアする仕事をする現場のマネジメントが不十分な件

「お兄さんは、私の息子と会ったことが会ったかねえ」   今日、とある淑 …

お金さえあれば、認知症は怖くない?!

確かに、お金があれば適切なサービスがいくらでも使えますよね。 逆に言えば、認知症 …

no image
相模原市の事件について認知症comの中のひとが思ったこと

前提 意外と、犯人にシンパシーを覚えている若い人たちは少なくないということ。 い …