認知症com

安心して認知症のいまをいき、これからをいきるために

*

認知症が増えたのではなく、認知症でも長く生きる世の中になったこと

   

人間の生存の限界は神のみぞ知ります。

だから、何歳まで生きるかなんて、語ることになんの意味もないのです。

 

ただ、生きられる範囲で懸命に生きるのが人間の生です。

で、その補助として医療があったのだと。

 

しかし、いつのまにか、

認知症

というものに、

生きることが追い詰められるようになってきているように思います。

 

認知症になったら終わり。

そう思う人も増えている。

 

人間の生き方を決めるのは、自分自身の権利であり、義務であると思います。

どこまでを医療に補ってもらい、どこからが依存なのか。

本当に自分自身がどう生きたいのか。

認知症になった時の自分自身の身の振り方を考える必要があると。

 

そのために、普段から認知症の先輩に学ぶことが欠かせないのです。

ところが、世の中の多くの人は認知症という障害から遠ざかろうとする。

そのために、何かに依存する。

 

よっぽど病んでると思いませんか。

あるがままで生きれたら、それが一番素敵なことです。

それは、生きたいと思って、生きられることではないでしょうか。

 

生きさせられる生を生きることではないと思います。

本人は、自分が生きたいと思うか、そう思わないのかを明らかにする義務があると思います。

周囲は、本人の生きたいという気持ちを最大限支援することが必要です。

 

そうすると、認知症でも生きやすい世の中になると思います。

いかがでしょうね。

 - コラム

adsense336

adsense336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
認知症の人とは笑顔で一緒にいるのが一番のケア

日々認知症となった方々と接する中で一つ確信することがあります。 それは、認知症と …

no image
相手が違和感を感じないコミュニケーションが基本

認知症の方のBPSDを軽減する関わりには、相手に合わせることが必要です。 つまり …

精神科病院に認知症患者の方が必要以上に長期に留まる現実とそのデメリット

長期間の精神科病院への入院が慢性化している現実があります。 今日は、その現実をご …

自分の家で「私は家に帰ります!」と訴える認知症の方

病院であっても、「家に帰ります」という言葉がそのまま受け取ってよいものかどうかは …

no image
認知症ケアの前提

認知症ケアの構成要素について思いついたことを書いてみました。 思いつきなので、的 …

認知症の人を家族から隔離する施設であることだけが目的の施設がある。かもしれない。

ちょっと疑問に思ったので皆さんに提起します。 ズバリ、認知症の施設の中には、明ら …

no image
相模原市の事件について認知症comの中のひとが思ったこと

前提 意外と、犯人にシンパシーを覚えている若い人たちは少なくないということ。 い …

認知症が、絶望的なのは、自己完結な価値観が根底にあるからではないか。

別に認知症に限らず、癌や様々な難病を患った時に、何を希望として生きていけばよいの …

石坂浩二の年齢を聞いて非常に驚いた。

なんと、齢74歳。 いつまでもお若いってのはいいですね。 若さの秘訣が気になりま …

no image
生活の質(QOL)の密度という考え方

生活の質という概念は、結構一般的ですが、その密度のようなものについては、あまり論 …