認知症com

安心して認知症のいまをいき、これからをいきるために

*

気兼ねのない介助ってなんだろう。どうしたらいいだろう。

   

認知症に限らずではありますが、人に何かをお願いすることは気兼ねするものですね。

そのことを具体的に感じることがあったので紹介しますね。

今日の8時にNHKのプロフェッショナルという番組で、動物に関わるプロフェッショナルの特集をしていたのですが、出演者の方が気になるコトを言われていたのです。

事故で握力を失った藤原さん。

介助犬に生活をサポートしてもらっていました。

藤原さんは、例えば、モノを取り落とした時に、人だと気兼ねしてお願いができないけれど、犬だと頼みやすい側面があると言うようなことを言われていました。

すごくそうだよなぁって思ったのです。

これって、人間誰しもに当てはまる感情の動きだと思うのです。

生きていくためにどうしても必要な行為、行動、活動はあります。

たとえば、移動するときにドアを開閉したり、朝起きてから服を着替えたり。

そんな生活に必須な行為にできるだけ気兼ねなく介助を受けるには、どうしたらいいのでしょうか?

これって、間違いなくQOLに関わる考えるべきことですよ。

そこで、二つの選択肢があるように思います。

1 介護者が気兼ねをさせないような高度な介護技術、人間性を獲得する

2 人にあらざるモノが介護を担う

現在の社会は、1を志向しています。(と、信じています。)

しかし、今後は2の可能性も追いかけていくことが大切になりそうです。

一番大切なことが、被介護者に気兼ねをさせないことだとすると、どう考えても1の育成では追いつかないからです。

認知症の方のBPSDには少なからず、自尊感情の傷つきやすさが影響することも考えると、早いこと2が進歩することが重要だなあと、考えるきっかけになりました。

 - コラム, 介護, 提言

adsense336

adsense336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
認知症の早期発見は果たしてナンセンスか

当サイトでも、認知症の早期発見は非常に大切だと、各所で述べさせていただいておりま …

敬老の日の銀盃が銀メッキ杯へ

100歳万歳なのですが、そのお祝いムードに影を落としそうな話題です。 なんとも悲 …

自分の家で「私は家に帰ります!」と訴える認知症の方

病院であっても、「家に帰ります」という言葉がそのまま受け取ってよいものかどうかは …

no image
高齢者の困窮問題に思うこと

敬老の日を一つのきっかけとして、各所で高齢者の貧困の問題が取りざたされています。 …

誰かと会うこと、どこかにでかけることが認知症の進行を食い止める

仕事を辞めると認知症が一気に進行するという話を耳にします。 それは、脳を使う機会 …

精神科病院に認知症患者の方が必要以上に長期に留まる現実とそのデメリット

長期間の精神科病院への入院が慢性化している現実があります。 今日は、その現実をご …

初期認知症の方の思いの一例「頼まれれば何でもできる」

知症プロジェクトで、紹介されていた初期認知症の方の思いです。 記事の概要1 「楽 …

認知症の方をケアする仕事をする現場のマネジメントが不十分な件

「お兄さんは、私の息子と会ったことが会ったかねえ」   今日、とある淑 …

no image
認知症が進行すると、変化に対して鈍感になるが・・・

臨床場面では、いろいろな症状の方がおられますが、多くの方が変化に対して鈍感になり …

no image
2020東京パラリンピックでは、認知症の枠を作るべき

そしたら、自分だったら2020までがんばれそうな気がする。 高齢社会の日本らしい …