認知症com

安心して認知症のいまをいき、これからをいきるために

*

気兼ねのない介助ってなんだろう。どうしたらいいだろう。

   

認知症に限らずではありますが、人に何かをお願いすることは気兼ねするものですね。

そのことを具体的に感じることがあったので紹介しますね。

今日の8時にNHKのプロフェッショナルという番組で、動物に関わるプロフェッショナルの特集をしていたのですが、出演者の方が気になるコトを言われていたのです。

事故で握力を失った藤原さん。

介助犬に生活をサポートしてもらっていました。

藤原さんは、例えば、モノを取り落とした時に、人だと気兼ねしてお願いができないけれど、犬だと頼みやすい側面があると言うようなことを言われていました。

すごくそうだよなぁって思ったのです。

これって、人間誰しもに当てはまる感情の動きだと思うのです。

生きていくためにどうしても必要な行為、行動、活動はあります。

たとえば、移動するときにドアを開閉したり、朝起きてから服を着替えたり。

そんな生活に必須な行為にできるだけ気兼ねなく介助を受けるには、どうしたらいいのでしょうか?

これって、間違いなくQOLに関わる考えるべきことですよ。

そこで、二つの選択肢があるように思います。

1 介護者が気兼ねをさせないような高度な介護技術、人間性を獲得する

2 人にあらざるモノが介護を担う

現在の社会は、1を志向しています。(と、信じています。)

しかし、今後は2の可能性も追いかけていくことが大切になりそうです。

一番大切なことが、被介護者に気兼ねをさせないことだとすると、どう考えても1の育成では追いつかないからです。

認知症の方のBPSDには少なからず、自尊感情の傷つきやすさが影響することも考えると、早いこと2が進歩することが重要だなあと、考えるきっかけになりました。

 - コラム, 介護, 提言

adsense336

adsense336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

石坂浩二の年齢を聞いて非常に驚いた。

なんと、齢74歳。 いつまでもお若いってのはいいですね。 若さの秘訣が気になりま …

認知症の治療・ケアにおいて、一番大切なのは家族の支援力

一緒に暮らしている家族が、一番認知症の方を支えることができるポテンシャルを秘めて …

お金さえあれば、認知症は怖くない?!

確かに、お金があれば適切なサービスがいくらでも使えますよね。 逆に言えば、認知症 …

認知症の介護で大切なコトは「いつでも微笑みを」

認知症になっても、一番最後まで残っている能力のと言われるのが、対人認知。 たとえ …

自分の家で「私は家に帰ります!」と訴える認知症の方

病院であっても、「家に帰ります」という言葉がそのまま受け取ってよいものかどうかは …

no image
日本で子供を作るのは罪だと思う – はてな匿名ダイアリー を読んでなんて的外れな意見だろうと思う。

http://anond.hatelabo.jp/20160927071136 …

認知症と診断されてから、はじめて自分の人生について考えるのはとても大変。

もしも、認知症と診断されたら、一番大切なことは今後の身の振り方を決めておくことだ …

精神科病院に認知症患者の方が必要以上に長期に留まる現実とそのデメリット

長期間の精神科病院への入院が慢性化している現実があります。 今日は、その現実をご …

認知症の方をケアする仕事をする現場のマネジメントが不十分な件

「お兄さんは、私の息子と会ったことが会ったかねえ」   今日、とある淑 …

ケアに疲れたら、必ずいったん距離をとる

心にゆとりがないと、良いケアは出来ません。 当たり前のことですが、日々の生活に追 …