認知症com

安心して認知症のいまをいき、これからをいきるために

*

認知症の方をケアする仕事をする現場のマネジメントが不十分な件

   

「お兄さんは、私の息子と会ったことが会ったかねえ」

 

今日、とある淑女の方からこのように言われました。

自分、毎日会ってます。

送迎のたびに。

 

でも、そのことをそのまま相手に伝えるのは芸がないって思ってます。

今日はこんな風に返して見ました。

「息子さんってどんな人なんですか〜?」

って。

 

そうすると、息子さんについて嬉しそうに色々と話してくださり、話も盛り上がりました。

 

なぜこんな風に返答したかといえば、その方が息子さんについて話したいのでは、そう考えたからです。

その方、息子さんを目に入れても痛くないような愛情をお持ちなのです。

その方がどんな思いでその発言をしたのかがわかったのでこんな返答をしたのでした。

 

いつもこんな風に、うまく対応ができるわけではありません。しかし、相手の言葉をそのまま鵜呑みにして、言葉通りの返答をしても、認知症の方との間に良い関係は築けないと、私は考えています。

相手の考えを推し量って、慮る力が認知症の方のケアをする現場の人間には必要ですし、そうあろうと努力することが欠かせないことだと思っています。

 

家族と、ご本人の間でうまく立ち回ること、関係性が円滑になるように適切に対応することが、認知症のケアの腕の見せ所ではないでしょうか。

 

以前、帰宅要求に関する記事を書いたことがあり、その記事にコメントをつけてくださった方がおられました。

自分の家で「私は家に帰ります!」と訴える認知症の方

帰宅要求のあるお父様への施設側の対応に疑問を抱いておられるとのことでした。

私も同様に疑問に思います。

相手の言葉の真意を評価しないままに、相手の要求に応じるだけでは、実際、色々とちぐはぐなことが起こってしまうのが認知症のケアです。

 

ですから、「腕の見せ所」を現場の人間に伝えたり、指摘する人間が現場を統括する主任クラスに不足しているのでは、と感じたコメントでした。

実際、私が関わらせていただいている施設においても、私の仲間が勤務する他の施設においても、そのようなマネジメントが不足している認知症介護の現場というのは少なくないようです。

そうしたマネージャークラスの人材が不足しているから、いつまでたっても、認知症のケアが時代遅れの古い対応のままきてしまっているのだろうと思うのです。

 

認知症の現場における問題は、人手不足よりも、人材を使いこなせるマネジメント力のある人材に適切な権限が与えられていないことによる不具合によるところが大きいのかもしれません。

そう考えると、ちょっと国の政策はイマイチなような気がしていて、やる気のある中堅マネージャークラスにきちんと手当てをするような、そういうシステムにした方が、全体的に色々うまくいくんじゃあないか、そんなことを改めて強く感じました。

 

家族としては、違和感を感じた場合には、相談という形で直接施設に話しを持っていき、それでも、変化や改善が見られない場合には、行政の監督部署などに匿名で情報を流すのが良いと思います。

そうすれば、まともな現場マネジメントをせざるを得ない職場環境が少しづつできていくと思います。

 - コラム, 介護サービス, 介護者, 問題, 提言

adsense336

adsense336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

認知症の方の言動を理解するには

認知症の方の言動には、一見了解できないものがたくさんあります。 それを理解するた …

no image
相模原市の事件について認知症comの中のひとが思ったこと

前提 意外と、犯人にシンパシーを覚えている若い人たちは少なくないということ。 い …

認知症の介護で大切なコトは「いつでも微笑みを」

認知症になっても、一番最後まで残っている能力のと言われるのが、対人認知。 たとえ …

初期認知症の方の思いの一例「頼まれれば何でもできる」

知症プロジェクトで、紹介されていた初期認知症の方の思いです。 記事の概要1 「楽 …

新しい朝がきました。今日も自己紹介から始めます。

出勤の時間が近づいています。 手短に。 今日も、たくさんの「初めまして」が待って …

no image
高齢者の困窮問題に思うこと

敬老の日を一つのきっかけとして、各所で高齢者の貧困の問題が取りざたされています。 …

スマホやネットで10代の人も認知症に?恐るべき、”デジタル認知症”の実態とは?

「認知症になるのは、おじいちゃんおばあちゃんだけでしょ?」 「二十代の自分には関 …

もっと掘り下げてプロにできない、家族にしかできないこと

以前こんな記事を書いたのですが、より深めてみました。 認知症のプロだからできるこ …

認知症の治療・ケアにおいて、一番大切なのは家族の支援力

一緒に暮らしている家族が、一番認知症の方を支えることができるポテンシャルを秘めて …

熊本地震であらわになった認知症ケアの環境面での前提と脆さ

今の社会構造でないと認知症ケアは成立しないことが改めて浮き彫りになりました。 と …