認知症com

安心して認知症のいまをいき、これからをいきるために

*

認知症治療薬開発断念!困難さと最新情報

   

なぜ人は、認知症になるのか。

特に、アルツハイマー型認知症に関して、なぜそうなるのか。

実は、いまだに人はなぜ認知症になるのかははっきりと確定しておらず、仮説の域を出ていません。

大いに驚かれるかもしれませんがそれが現実です。

何もわからないわけではないけれども、肝心の根本的な病気の仕組みが確定できていないのです。

 

ですから、推論や仮説に頼っての治療を行うことになります。

複数ある仮説の中で、現在最も影響力を持っている仮説がアミロイドβ仮説です。
このアミロイドβの沈着がアルツハイマーの原因であると考える説です。

一応、仮説を指示するような事実はいくつか報告されています。アミロイドβが蓄積する遺伝子を持っている家系の人は若年性アルツハイマー型認知症になりやすかったり、トリソミー21(いわゆるダウン症)の人たちが、アミロイドβ異常を引き起こしやすく実際年をとってからは、認知症様の症状を発祥しやすいといわれています。

そこで、アミロイドβを標的とした認知症の治療薬の開発が進められてきましたが、これがどれもうまくいっていなくて中断のあらしとなっています。

大手の製薬会社が相次いで、認知症治療薬開発からの撤退を決めています。

思うように成果が上がらず、商品化のめどがまったくたたないからです。

相次ぐ失敗に、現場の医師が、アミロイドβ仮説は実のところ間違っているのではないか、そう意見表明しています。

現状、認知症の根本的な治療薬の開発は光の見えない袋小路に入り込んでしまっているといっても過言ではありません。

認知症の情報も、今現在、どうやら正しそうといわれている事柄に関しても実際それが正しいかどうかを確定的に話ができるひとは一人もいません。

これが、現在のアルツハイマー型認知症という病気を取り巻く実際です。

今後しばらく、アルツハイマー型認知症の根本的な治療薬というものは登場しそうにないというのが、現時点での最新情報です。

 - アルツハイマー型認知症, 治療薬, 認知症の実際, 認知症産業

adsense336

adsense336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

発想の転換で認知症を成長産業に結びつけることができるか?

とりあえず、目先の問題解決を第一優先として考えたとするとき、日本の国力なんて知っ …

認知症症状のサイン。「小銭を使わなくなった」の解説。

認知症になると、脳の機能が低下します。 しかし、障害されやすい機能と比較的最後ま …

認知症に効く?”X物質”とは?

「知られざる脳の真実 世界を変える奇跡の力」という番組の中に、記憶障害にアプロー …

薬を服用することで見られる「怒りっぽさ」は実は、副作用ではない説

認知症の治療において、薬物療法は非常に重要です。 認知症の治療薬は、精神活動を賦 …

初期アルツハイマー病「マウスで記憶復元に成功」 NHKニュース

要するに 倉庫から物がなくなるわけじゃなく どこにしまった変わらなくなる アルツ …

no image
認知症の仮説モデル 人間の頭がもしもパソコンと同一視できるとしたら?

最近高次脳機能障害の分野で神経心理学の話題が盛んです。 神経心理学というのは、誤 …

2016年1月版 認知症の治療薬まとめ

現行の認知症の治療薬は主に、進行を遅らせる効果を狙っています。

ぜんそく薬に認知症の進行を停止させる可能性。ただし、実用化は当分先

認知症の原因と言われているのが、タウと呼ばれる物質です。 マウスで実験したところ …

no image
アルツハイマーのおじいちゃんとの先ほどのやりとり

スタッフ「こんばんわ」 おじいちゃん「あんた、まだおったんか。」 ス「夜分に恐れ …

認知症と検索すると明らかに怪しい商品のセールスが上位に出てくる現状に対する苦言

twitterやgoogleで認知症と検索すると、明らかにセールス目的なアカウン …