認知症com

安心して認知症のいまをいき、これからをいきるために

*

認知症は「症状」です

認知症は病名だと思っていませんか?

「アルツハイマー型認知症と、認知症ってどう違うのですか?」

こういう質問をされることがあります。

 

しかし、

 

実は、認知症は、病名ではありません。

認知症になると、

認知機能の低下という症状が発生します。

より具体的には、

  • 物忘れ
  • 見当識の低下
  • 生活機能障害
  • 言語流暢性の低下
  • 高次脳機能障害の多発

など、さまざまな症状があわられます。

 

認知症という言葉は、こうした「状態」を表したものです。

 

つまり、

「認知症である」

ということは

「こういう症状がある状態です」

と言っていることに等しいわけです

逆に言えば、こうした状態に当てはまるものは、認知症ということになります。

 

一方で、アルツハイマー型認知症というものがありますが、これは病名になります。

「脳の萎縮が原因となって、認知症が進行することによって、認知症の症状が発生する病気」

これが「アルツハイマー型認知症」です。

他にも、原因によって病名がついているものとして、

「レビー小体型認知症」

「脳血管性認知症」

「前頭側頭型認知症」

「アルコール性認知症」

「薬剤性認知症」

など、様々な病名が存在します。

 

病名と症状の違いなんてよくわからないと思いますよね?

わかりやすさ優先で、厳密性はありませんが、例えば

インフルエンザと発熱の関係でいうと

インフルエンザは、病名です。

発熱は症状です。

 

おんなじ感じで、

「アルツハイマー型認知症」は、病名ですが

「認知症」は症状なのです。

 

両方に同じ認知症という言葉が使われていることが、このややこしさを増やしている原因のように思われます。

しかし、この違いがわかっておけば、主治医をはじめとした医療職との情報交換がよりスムーズになると思います。

 

ちなみに、認知症という症状は改善するものもあれば、現在の医学では改善せず進行していくものもあります。

公開日: